日本は家庭に節電を呼びかける

日本政府は、夏と冬に電力供給が不足する可能性が高いため、家庭や企業に節電を呼びかけています。

日本政府が全国に要請するのは2012年以来。 これは、福島の災害の後、最後に主張されました。 4月以降、来年の冬に発生する可能性のある停電について警告が発せられています。

日本は電気が少ない

参謀長 松野 浩一 とにかく言う節電が叫ばれているが、少なくとも今夏は供給問題を解決するための数値目標は設定されない。

日本では、福島原発事故後に導入されたより厳しい安全規制のために、ほとんどの原子力発電所が稼働していません。 近年、老朽化による火力発電所の閉鎖が相次いでいます。 この状況は、国の電力供給能力の減少につながっています。

日本政府によると、電力の安定供給のためには、予備率の少なくとも 3% を保証する必要があります。 ただし、東北電力、東京電力、中部電力が管轄する地域では、7 月には 3.1% に低下すると予想されます。

1月には、東京電力の供給ゾーンの予備率がマイナス0.6%まで低下する可能性があります。

政府は電気を節約するための新しい警告システムを導入したいと考えています

そのため、家庭ではエアコンを最大 28 度に設定し、不要な照明をつけないようにする必要があります。

経済産業省は、現行の電力不足警報システムに加えて、節電を促す警報システムを開発すると発表した。

その他の措置には、大規模なビジネスに対する制限や、広範囲にわたる停止を回避するための特定の領域での意図的な停止タイムアウト手順が含まれます。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。