日本は国境が開いた後、週にほとんど観光客がいません

日本は6月10日に観光客の入国を再開しましたが、制限が設けられているため、これまでのところ海外からの数はほとんどありません.

同時に、同国への 1 日あたりの入国制限も 20,000 に引き上げられ、観光目的で十分な入国能力を提供しました。 ただし、上限はまだ使い果たされていません。

日本の観光客のための多くのルール

観光業界では、お金が最終的に財源に戻るという大きな希望があり、多くの日本のファンも、ようやく再び日本を旅行できるようになったことを喜んでいました.

しかし、たとえば、誰もがグループで旅行するのが好きというわけではないため、制限は多くの人々を思いとどまらせます。 マスク着用の義務化や観光客としての正確な位置登録もあまり人気がありません。

さらに、パンデミックの状況を考慮して安全であると分類された98カ国の人々のみが入国を許可されており、観光客として入国を希望する人は誰でもデータを持っている必要があります. 専用サイト 放棄する。 到着前に、入国後 72 時間以内にコロナ検査を実施する必要があります。 また、食事中は流暢に話さず、温泉に入る時や新幹線に乗る時は落ち着いて行動してください。

さらに、旅行者が規則を破ったり、コロナウイルスの検査で陽性になったりした場合、実際にはどうなるかなど、いくつかの質問は未解決のままです.

日本政府観光局(JNTO)によると、来週のツアーグループのデータはなく、一部のツアーオペレーターは依然として観光客を獲得するための官僚主義の山に苦労しており、多くのツアーオペレーターがあきらめて受け入れたくない.国への旅行を提供します。

制限は国民に歓迎される

観光客の数が2020年の初めからあまり変わっていないことは驚くことではありません.

パンデミックの前は、毎年、記録的な数の観光客がこの国に入国していたため、業界に希望を抱くあらゆる理由がありました。 お金が流入し、観光は日本経済の重要な柱となった。

その後、パンデミックが発生し、日本は観光を大幅に制限し、完全に停止するまでになりました。 今日、国内観光は穴を埋めることができないため、観光産業は苦戦しています。 しかし、選挙が近づいており、政府の警戒は人口の大多数を占めています。

岸田文夫首相にとって、あまりにも早く国境を開放し、国民から批判を受けるリスクは高い。 NHKの世論調査6 月 10 日から 12 日に実施された調査では、日本人の 47% が措置が適切であると考えており、23% だけが追加緩和に賛成していることを示しています。

旅行先としての日本はこれまで以上に人気があります

観光客の入国が許可されない期間が長いにもかかわらず、日本はこれまで以上に人気が高まっているため、日本の観光産業の高揚感は実際には適切です。 これは、世界経済フォーラムの最新の旅行・観光開発指数ランキングで示され、日本は 1 位にランクされています。

したがって、問題は、選挙後、日本がさらに開放するかどうかです。経済が低迷し続ければ、日本は他に選択肢がないかもしれません。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。