日本は台湾周辺での中国の軍事活動を懸念している

日本は、ナンシー・ペロシ下院議長の訪台を受けて、台湾周辺での中国の軍事活動を懸念している。

日本政府のスポークスマンである松野弘和氏は、台湾海峡の平和と安定は、日本の安全だけでなく、全世界の安全にとって重要であると述べた。 松野氏は、「台湾に影響を与える問題が対話を通じて平和的に解決されることを願っています。 記者会見で.

日本の経済圏でも軍事演習

日本政府は、影響を受ける地域が日本の経済圏と重なっているとして、台湾付近での軍事演習について中国に懸念を表明している。 訓練は木曜日から日曜日まで台湾周辺で行われる予定です。

日本は、地域の安全保障への影響を評価するために台湾を訪問しました。 しかし、松野氏は、日本がペロシ氏の訪問を支持したかという質問には答えられないと答えた。

この訪問により、中国と米国の間の緊張が高まっています。 中国政府は訪問に対して警告し、影響を与えると脅したが、米国政府は、訪問は台湾の政策の変更を示唆するものではないと述べた.

中国は台湾を離脱州と見なしている

中国は台湾を、必要に応じて武力によって再統合される分離された省と見なしている。 ロシアのウクライナ侵攻を機に、中国政府が台湾を攻撃するのではないかという懸念がある。

日本は 1972 年以来、台湾と緊密な経済関係を築いてきましたが、軍事衝突のリスクも日本にとっても大きなものです。 さらに、日本と中国は尖閣諸島をめぐって対立しており、尖閣諸島は日本が管理しているが、北京が領有権を主張している。

日本が軍事活動を可能にするために憲法を改正することを計画しているため、緊張も高まっています。 しかし、中国はすでに憲法の変更に対して警告を発している。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。