日本は医療関係者向けに4回目の予防接種を準備しています

日本政府は金曜日に、国内で新たな感染の波が広がっており、そうしないと医療に問題が生じる恐れがあるため、医療関係者も4回目のコロナワクチン接種を受ける必要があると決定しました。

これにより、別のワクチンを接種できる人の数が約 800 万人増加します。

予防接種が大幅に拡大

これまで4回目の接種は60歳以上の方や既往症のある方が対象でした 意図されましたこれらのグループは深刻な病気になるリスクが高いためです。

感染性の高いサブバリアントであるオミクロン BA.5 により、国内で新しいコロナウイルスの症例数が急速に増加しているため、岸田文夫首相は、コロナウイルスへの対応に関する政府の会議で、若い世代のワクチン接種を促進することも意図していると述べました。

リスクの高いグループを保護し、治療とケアのための十分なスタッフを確保することを目的とした予防接種の最新のプッシュは、早ければ来週にも開始される予定です。

日本政府はまた、夏休み中に旅行する前に人々が検査を受けられるように、都道府県に100以上の無料のコロナ検査を提供するよう要請する予定です.

また、都道府県、住民、事業者は、十分な換気を確保するよう求められます。

制限なし

木曜日の記者会見で、岸田氏は、経済を維持しながら最大限の注意を払う必要があることを強調し、政府は感染拡大を食い止めるためにその対応力を高めていくと付け加えた。

日本でのコロナウイルス感染者の総数は木曜日に1,000万人を超え、国は2日連続で90,000人以上の新規感染を記録しました。 しかし政府は、制限は計画されていないと述べた。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。