日本は中国の脅威のために近代化を望んでいる

日本は中国の影響力拡大に脅威を感じている。 現在、国の南部のロケットも中国の標的を攻撃できるはずです。

中国からの地域的脅威の増大により、日本は国の南部に1,000以上の長距離ミサイルを配備することを計画しています. 日本の新聞「読売新聞」が日曜日に報じたように、島国は古い対艦ミサイルの射程を100キロから1,000キロに伸ばしたいと考えている. したがって、新しい射程により、ミサイルは中国の沿岸地域と北朝鮮の両方に到達する可能性があります。

新聞によると、日本の船や飛行機も、陸上の標的を攻撃できる新しいミサイルを発射できるはずです。 ミサイルはその後、日本の主要な島の南西端にある九州とその周辺、および台湾に近い小さな島々に配備されると、読売新聞は報じた。 日本政府は、中国のミサイル開発計画に追いつくと同時に、北朝鮮の脅威に対抗したいと考えています。

当初、新聞からのニュースの正式な確認はありませんでした。 日本の平和憲法は、軍事費を国防に必要なものに制限している。 しかし、最近のロシアのウクライナ侵攻や中国のますます攻撃的な台湾に対する姿勢など、地政学的な緊張により、日本の防衛計画の見直しが求められています。

Nishikawa Katashi

「Web オタク。情熱的なトラブルメーカー。オーガナイザー。アマチュア コーヒー マニア。ゾンビ マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。