日本は一時払いで低所得者を支援したい

日本政府は、低所得世帯へのインフレの影響を軽減するために、低所得の人々に 50,000 円 (約 348 ユーロ) の一時払いを支払う予定です。

うるさい 日本のメディア住宅税が免除されている世帯は、エネルギーや食料価格の上昇に対してより脆弱であるため、支払いの対象と見なされます。

一時払いは準備金から調達する必要があります

この一括払いにかかる費用は約9000億円(約62億ユーロ)で、今年度の国家予算の準備金から賄われる。

これらの準備金は緊急事態に備えて確保されており、日本政府は議会の承認や野党の精査なしに資金の使用方法を決定できます。

日本政府は、有権者に目に見えるサポートを提供するために、1 回限りの支払いを使用することがよくあります。 この措置は今年度で2回目。

価格ドライバーとしてのインフレと円安

日本でもここ数カ月でインフレが物価を急上昇させ、円安により輸入品の価格が上昇した。

インフレ率は米国やヨーロッパほど急激には上昇していませんが、物価の上昇は消費者信頼感を圧迫する恐れがあります。 日本では依然として賃金の伸びが非常に弱いため、パンデミック後の経済回復もさらに鈍化する可能性があります。

日本の岸田文夫首相は、政府にインフレ抑制のための追加措置を講じるよう指示し、金曜日に一連の措置を提示する予定です。

また、石油卸業者は、ガソリン価格を年末まで安定させるための補助金を引き続き受けることになり、輸入小麦の価格も上がらないと予想されます。

Amari Masaki

「インターネットの忍者。不治のテレビ学者。情熱的なコーヒー愛好家。ソーシャル メディア マニア。一般的な思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。