日本はロシアの「受益国」の地位を正式に取り消す

水曜日、日本はロシアから「受益国」の地位を正式に剥奪し、同国に対する制裁を強化した。 政府 反応した ロシア軍がウクライナの民間人に対して犯した暴力行為の暴露について。

撤退は、水曜日に永久に国を離れることを余儀なくされた8人のロシア市民の強制送還を含む一連の制裁の最新のものです.

ロシアはアドバンテージを失う

地位を撤回することにより、ロシアはロシアからの輸入品に対する関税特権を失い、国への圧力を高めます。 とりわけ、ロシアのカニの関税は現在 4% から 6% に引き上げられ、ウニは 7% から 10% に引き上げられ、以前は免除されていた天然ガスと石炭にも関税が課される。 しかし、モスクワは反応を遅くすべきではありません。

ロシアは最近、日本を「敵対国」に指定し、平和条約の交渉を終了させ、したがって領土紛争について話し合った。

法律の削除に加えて、資産が凍結された人々によるデジタル通貨の移転を防ぐために、外為法の修正も可決されました。 数百人のロシア市民と組織の資産が日本で凍結されました。

日本は異常な勢いで反応した

さらに、軍事目的で使用できる商品の輸出を含む、新しい投資と貿易が禁止されています。 日本はまた、ロシアからの石炭の輸入を停止すると発表した。

ロシアのウクライナ侵攻に対する国際的な対応に日本が関与するのは異例であり、中国の対応に対する懸念に駆り立てられている。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。