日本はまた医療問題を抱えている

日本では新型コロナウイルスの感染者が急増し、医療に問題が生じています。

同時に、一部の都道府県では、感染者が利用できる病院のベッドの半分以上が占有されていると報告しています。

職員不在による医療上の問題

これはまた、現在多くの医療関係者が不在であるため、医療における新たな問題につながります。

大阪府の吉村博文知事は以前、県内の医療に注意を促していた。 負荷が高い. 都道府県は7月20日、新型コロナウイルスの新規感染者が初めて2万人を超えたと発表した。 ちょうど1週間前、大阪は4か月ぶりに10,000人を超える感染を記録しました。

大阪府の病床稼働率は 7 月 10 日に 20% に達しましたが、7 月 20 日には 2 倍の 40.6% になり、大阪府が基準として設定した 50% のマークに近づきました。

新たな感染が最も多く報告されている沖縄県では、状況はさらに悪化しています。 7月19日、県は病床の74%が占有されていると発表した。

救急車は患者のための場所を見つけるのに苦労しています

ますます多くの医療スタッフが感染するにつれて、多くの病院はすでに慢性的なスタッフ不足に苦しんでいます。 一部の病院は現在、救急医療を含む特定のサービスの閉鎖を余儀なくされています。

一方、消防庁は、欠勤が急増し、既存の救急隊員が患者をすぐに受け入れてくれる病院を見つけるのに問題があると報告している。

7月17日までの週に、代理店は、患者のために病院で場所を見つけるのに時間がかかった4,139件のケースを報告しました. これは前週から 43% の増加です。 当局によると、このうち1,598件はコロナ感染が疑われる患者が関与していた。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です