日本はいくつかの原子炉の再稼働を発表

日本の岸田文夫首相は記者会見で、懸念される供給問題を回避するために、来年の冬にいくつかの原子炉を稼働させなければならないと発表した.

岸田 言った 萩生田光一経済相に再稼働の準備を指示した。

原子力安全機関によって既に管理されている原子炉

「私たちの目標は、できるだけ多くの原子炉を稼働させることです」と岸田は言います。 「日本の総電力消費量の約10%をカバーするのに十分な電源を確保するために、この冬に最大9基の原子炉を稼働させます。」

日本政府によると、関西電力の原子力発電所9基のうち5基が福井県にある。

九州発電所にはさらに 3 基の原子炉があり、再稼働中の 9 基目の原子炉は四国発電所にあります。

9基の原子炉は、原子力規制当局による検査に合格した後、すでに試験運転に入れられています。

電源の問題

原子炉に加えて、日本の首相は、日本の安定した電力供給を確保するために、火力発電所の他の 10 のブロックの試運転を命じたことも発表しました。

日本では電力供給の問題が続いています。ほんの数日前、高温による停電が予想されるため、人々や企業は節電を呼びかけられました。

この問題により、最近、原子力への要求が高まっています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。