日本の高校生は野球チームの応援にうんざりしている

多くの日本の若いスポーツファンにとって、高校野球選手権大会は夏のハイライトです。 決勝戦は、伝統的に兵庫県の甲子園球場で大規模に開催され、家族全員で楽しめるイベントです。

主要なスポーツ イベントは常に印象的なファン層の前で行われ、全国の主要な放送局で放映されます。 大会は各校の選手だけでなく、全高校生が参加する一大イベントです。 しかし、生徒たちの情熱は大きく異なります。

一部の学校では、野球は単なるスポーツではありません

最近、一部の学校では、一部の生徒にクラスメートにトーナメントへの参加とチームの応援を強要することで論争を引き起こしています。 この話題はソーシャルネットワーク上で非常に広まり、 日本青年会議 (JYC) は、日本の若者のために活動している非政府組織です。 早くも 3 月に、JYC は日本のスポーツ当局に連絡を取り、特定の学校がトーナメントに参加する義務があるかどうかを尋ねました。

同時に、JYC は、クラブやスポーツ クラブなどの課外活動への参加要件を見直して削除するよう当局に要請しました。 以前、組織は高校野球チームの強制支援を調査するために多くの学校から要請を受けていました。 一部の都道府県では、学生がそのような活動に参加するために自分のお金を使わなければならないほど強制されています. 大会に出なくていいようにと、コロナ感染を願うまでになった子もいます。

学生は自分の自由時間を選択できるべきです

そんなご要望にお応えしてJYCが始動 嘆願書、野球チームの強制的な過小評価を非難します。 このように、日本中の学生の意見も知りたいと思っています。 短期間で 1,200 人近くの学生がすでにサインアップしています。 生徒だけでなく教師もキャンペーンに参加しており、参加したいイベントは子供たちが自分で決めることを提唱しています。

試合は真夏の野外スタジアムで行われることが多く、選手だけでなく肉体的な疲労も大きいという指摘が多い。 主催者は、請願がさらに広がり、義務教育活動が見直され、日本の若者が自由時間についてより多くのことを決定できるようになることを望んでいます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。