日本の首相 – 長期政権への慎重な道のり

日本の岸田文夫首相は、彼が選出されたとき、優柔不断であり、彼の党の強力なメンバーに従順であると考えられていた. 彼が前任者である菅義偉よりも長生きできると考えた人はほとんどいませんでした。

しかし、岸田氏は現在、人気の復活を楽しんでおり、今後の日本の選挙で彼が勝利し、長期にわたって権力を維持することを示唆している.

予想よりも長く電力が供給されている

日本の首相の軌跡は、彼が長期的には確立されていないことを意味しているが、特に前任者の過ちを避けるために、彼の政策における慎重さと妥協は正しい道のように見える.

現在の政策も多くの批判を集めているが、最近の世論調査によると、日本人の大多数は政府が物価上昇に十分に対処していないと確信しているが、岸田氏は非常に人気がある.

自民党が勝利すれば、再選挙なしで 3 年間政権を維持できることを意味し、権力の喪失を恐れる。

日本の首相としての数年間、彼は急速な高齢化と人口減少、経済、非常に論争の的となっている憲法改正などの重要な問題に取り組むことができました。

増大する恐怖が日本の首相を助ける

岸田氏の現在の高い支持率は、ロシアのウクライナ侵攻に対する迅速かつ強硬な対応によるところもある。 彼が自由なインド太平洋地域のために他国と協力しようとしているという事実も歓迎されます。

ウクライナへの侵攻は、中国が台湾を併合するために台湾を攻撃する機会を利用するのではないかという日本国内の恐怖をあおった。 こうした懸念から、日本の首相の軍事費増額計画への支持が高まっている。

一方、岸田氏は、ヨーロッパが現在経験しているのと同様の状況が東アジアでも発生する可能性があると公言している.

先週、日本の内閣は、国の防衛費を劇的に増やす計画を承認しました。 さらに、政府は、先制攻撃の可能性と、宇宙、サイバー、電磁防御、無人兵器の開発と強化を促進したいと考えています。

同時に、日本の技術を保護し、重要なサプライチェーンを強化するための法律が可決されました。

批評家は、自民党がロシアの侵略から利益を得ており、いくつかの計画は国防をはるかに超えていると警告している.

慎重な行動は、それ自体の政治的目標を曖昧にする

しかし、現在の高い支持率を含め、どの計画も、論争の的となる問題をめぐる党派間の論争に注意を払い、対立を一般的に回避することは、それ自体の政治的原則と目標が不明確であることを意味するという事実を隠すことはできません。 これは最近、日本の首相が彼の目標として宣言したものの多くをもはや含んでいない、新しい資本主義のための彼の計画を非常に明確にしました.

もともと岸田氏は、基本的な経済政策の一環として富のより良い分配を求めており、それを「新しい形の資本主義」と呼んでいた. しかし、彼は現在、支出の増加に基づく成長戦略にシフトしており、これは新しいことではなく、安倍晋三前首相の道をたどっています。

それにもかかわらず、彼は依然として国民に非常に人気があり、岸田氏は現在、日本の政界をうまく支配しているように思われるので、彼は非常に長い間日本の首相であり続けるだろう.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。