日本の首相はロシアを強く批判した

日本の岸田文夫首相は、ニューヨークの国連総会でロシアに厳しい言葉をかけ、国連改革を求めた。

ロシアは国連安全保障理事会の常任理事国ですが、2月に始まったウクライナ侵攻への対応が機能不全であると批判されてきました。

ロシアの侵略は国連憲章を軽視する

「私たちは歴史的な転換点にいます」と岸田氏は語った。 彼のスピーチで. 「ウクライナに対するロシアの攻撃は、国連憲章のビジョンと原則に反する行為です。」

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、他国が紛争に介入した場合、核兵器を使用すると脅した。

広島県出身の岸田氏は、原爆の被害を受けた唯一の国である日本は、核兵器のない世界へのコミットメントを維持すると強調した。

「ロシアが行ったように核兵器を使用するという威嚇は、ましてや実際に核兵器を使用することは、国際社会の平和と安全に対する深刻な脅威を構成するものであり、まったく容認できない」と述べた.

国連改革の呼びかけ

日本の首相は、ロシアを批判するだけでなく、演説で国連改革を呼びかけた。「国連の信頼性が危機に瀕しているという事実に直面しなければならない」

岸田氏はまた、ルールに基づく国際秩序が機能し続けることが極めて重要であり、これを達成するために世界が国連を改革し、その機能を強化しなければならないと述べた。

北朝鮮に関して、日本の首相は、2022年は、当時の小泉純一郎首相と当時の北朝鮮の指導者である金正日が日本と北朝鮮の間で平壌宣言に調印してから20周年を迎えると述べた.

北朝鮮との国交正常化

岸田氏は「拉致問題や核・ミサイル問題などの懸案事項を包括的に解決し、不幸な過去を清算することで、北朝鮮との国交正常化を望んでいる」と述べた。

彼は、何の前提条件もなく、北朝鮮の指導者である金正恩に会う決心をしたと付け加えた。

日本の首相は演説の中で、世界的なパンデミック、食料とエネルギーの不足、気候変動などの課題によって世界の安全保障が脅かされているとも述べました。

「日本は、開発途上国が食料安全保障や情報通信分野における基準や国際基準の整備を通じて、生活の質の向上に貢献することを支援するための日本の基本方針である開発協力大綱を改正する」と宣言した。総理大臣。 言った。

来年1月、日本は国連安保理の非常任理事国となり、任期は2年。

Amari Masaki

「インターネットの忍者。不治のテレビ学者。情熱的なコーヒー愛好家。ソーシャル メディア マニア。一般的な思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。