日本の首相、韓国との関係改善を誓う

日本の首相は金曜日、緊張した関係を緩和するために韓国と会談を行うと発表した。

シンガポールで開かれたシャングリラ・ダイアログで記者団に語った岸田首相は、「1965年の国交正常化以来築いてきた日韓関係をさらに発展させる必要がある。そのためには日韓間の問題解決が急務だ」と述べた。二つの国。

危機時の和解に関する憶測

5月以降、韓国で新しい政治指導者が権力を握ったことで、北朝鮮のミサイル計画と核兵器による安全保障上の脅威の中で、米国の主要な同盟国である2つのアジアの隣人が和解できるという憶測が高まっています.

日本の保守派政治家の中には和解に反対する者もいるが、最初の「ソフトな」試みはすでに行われている。

リベラルな文在寅大統領と日本の安倍晋三首相の前の韓国政府の下で、関係は数十年で最低レベルにまで落ち込んだ.

両国は、とりわけ、強制労働やいわゆる慰安婦への補償、貿易、防衛問題などで意見が分かれている。

しかし、岸田氏は、両首脳間の会談の可能性については何も調整されていないと述べた。

日本の首相は、日曜日まで開催される安全保障フォーラムのためにシンガポールを訪問しています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です