日本の野党はPLDに反対するものは何もない

与党の自民党は日本の選挙で圧勝し、野党が歴史的に不利な立場にあるという事実を利用した。

争われた 32 の選挙区で野党陣営から 4 人の候補者だけが議席を獲得し、自民党が残りの議席を獲得した。

日本の野党は不和で輝いている

野党のパフォーマンスの低さは主に、前回の選挙で 11 の選挙区でしか挑戦者を出すことができなかったという事実によるものです。

2016 年と 2019 年の参議院選挙では、野党は自民党に対して各選挙区に 1 人の候補者を擁立しました。 2016 年に 11 議席、2019 年に 10 議席を獲得して以来、収益性の高い戦略です。

たとえば、先週末の秋田県の選挙は、自民党が野党の分裂からいかに利益を得ているかを示した。 2019 年、この選挙区の無所属有権者の割合は 20% でした。

ますます有権者が減る

このうち23%が自民党候補に投票したが、投票の71%は野党が承認した候補者に行った。

しかし、前回の選挙では、自民党候補が最も多くの票を獲得し、野党は複数の候補者を擁立しました。 他の選挙区で 結果は似ている.

自民党の政治家は、選挙の惨状について適切にコメントしました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。