日本の都市はダムにお金を払うが使わない

日本の一部の都市では、安定した水の供給を確保するためにダムを建設し、支払いを続けていますが、使用していません。

うるさい 日本のメディア 安定した地域の水供給を確保するための政府のプロジェクトに関与している 71 の水道事業体のうち 11 は、ダムを使用したことがありません。

日本の水の消費量は減少しています

ますます多くの電力会社がダムを使用しない理由の 1 つは、日本の人口が減少しており、人々が倹約しているからです。

厚生労働省によると、水使用量は全国的に減少しています。

同省は、2040 年までに日本の水の消費量が 2000 年のレベルを 30% 下回ると予測していますが、これは人口減少と節水に関する予測に基づいています。

11 の水道会社は、ダムの建設に総額 576 億円 (約 4 億 3200 万ユーロ) を支払いました。 維持管理費として毎年約2億円(約140万ユーロ)が加算されます。

これらのダムのほとんどの建設は、日本の人口が増加していた 1970 年代または 1980 年代に始まりました。

高知県の宿毛市など水道事業者11社中9社が調査で、今後も水需要は増加し続けるとの見通しを示した。

地下水に依存している北海道東川町や山形県長井町では、水不足に備えてダム事業に参加したとのこと。

日本では、多目的ダム利用法により、公共事業者は、予想される使用水量に比例してダムを建設する費用を分担することが義務付けられています。

また、電力会社はダムの維持管理費の一部を負担しなければなりません。

広島は高価なダムを水の供給と見なしている

広島市は365億円、建設費の2割を負担した。 秋田の貫井ダム. ダムは 2003 年に完成し、市は年間約 1 億円 (80 万ドル) の維持費を支払っています。

広島市は、水の需要が大幅に増加することを想定して、1979 年にプロジェクトへの参加を決定しました。 より多くの企業が都市に移転し、全体的な人口が増加するにつれて、1 日あたり 680,000 立方メートルの水が必要になると予測されました。 しかし、この傾向はすぐに逆転しました。

水の消費量は、1990 年に 1 日あたり 540,000 立方メートルでピークに達して以来、着実に減少しています。2020 年までには、1 日あたり 410,000 立方メートルになります。

しかし、市はダムを予備水源と見なしており、この見解を他の水道事業者と共有しています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です