日本の週 – 22.08。 26.08まで。

毎週土曜日の「La Semaine au Japon」では、最近日本を最も動かした話題を取り上げます。

まず、多くの「日本ファン」にとっておそらく最も重要なトピック、それは入国制限です。 日本政府は、海外からの完全に予防接種を受けた人々が、入国時にコロナ検査を提示する必要がなくなったことを決定しました。予防接種の証明で十分です。

日本は再び個人旅行を許可する予定です

一方、日本政府は今週、1日あたりの入国を許可する外国人の最大数を増やす計画を発表しました。 どちらの措置も 9 月 1 日に発効します。

また、人々は今、個人旅行を再び許可することを考えています。 いくつかの規則を順守しますが、それは正常に一歩近づくことです。

ちなみに、日本の企業による世界的な調査では、現在の入国制限は歓迎されていないことが確認されています.

感染の第 7 波が悲しい記録を打ち立てる

残念なことに、感染症の第 7 波はここ数日で悲しい記録を打ち立てており、パンデミックが始まって以来初めて、過去数年間よりも多くの人が感染症で死亡しています。

日本では感染者数が依然として高いため、厚労省は感染者数に関する毎日の報告を廃止すると発表し、批判を集めました。 ちなみに、日本の首相も影響を受けています。

安倍晋三の国葬も批判を集め続けている。 イベントの費用は 2 億 5000 万ユーロで、当初の予想をわずかに上回ることが明らかになりました。 すでに多くの支持を得ている嘆願書を含め、葬式に反対する抗議が高まっています。

デジタル化が機能するときの美しさ

すでに述べたように、日本の首相もコロナウイルスに感染しており、そのため、彼は現在検疫を行っています。 したがって、現在、すべての会議はビデオ会議で開催されています。 ここでも、日本がいかにデジタル化に力を入れているかを示しています。総理大臣がビデオ経由で会議に参加している間、総理府の他のすべての参加者は、その存在感で輝かなければならないからです。

そして、検疫は反省するのにとても良い時期であるため、日本の政治は今、方向転換をしています. 少し前に省エネ計画で原発依存からの脱却を目指しており、先週から原発はすごいと言っている。 日本政府は、新しい原子力発電所を建設し、古い原子炉の寿命を現在の 40 年よりはるかに延ばすことを計画しているからです。

日本が東欧諸国に対する制裁を継続すると繰り返し表明したことから、今週はロシアも問題となった。

ウクライナ人は日本に滞在したい

ウクライナ難民は日本をこよなく愛しており、 現在の 1,783 日本に逃げた人は日本に残りたいと思っています。 しかし、国がより多くの支援を提供すれば、それはなおさらです。 ただし、これらは金銭的な利益ではなく、国語の学習を支援するなどの簡単なものです。

悲しいことに、今週、別の殺人事件が発生しました。 今回は、若い学生が渋谷でランダムに2人を刺しました。 少女は警察に、母と弟を殺そうと計画し、死刑を望んでいたため裁判になったと語った。

今週は他に何がある?

日本は防衛に多額の投資をしたいと考えているため、予算案には金額で数値化されていない項目も含まれています。 これまでのところ、これは在日米軍関連の問題に限られている。

ちなみに、日本の内閣改造は、国民の支持が徐々に薄れていくにつれて、悪い考えであることが判明しました。 しかし、ますます多くの政治家が統一教会とのつながりを認めていることを考えると、これは当然のことです。

そして、「夫婦のダブル代金引換」をテーマにアンケート調査がありました。 今週判明したように、世論調査は保守的な政治家に有利なように操作されました。 しかし、これは結果を歪めました。

日本は無事故運転を奨励していることをご存知ですか? 1977 年には、割引やその他のボーナスを提供するセーフティ ドライバーズ カードが導入されました。 このカードは現在、日本人の間で非常に人気があります。

そして、もう1体の像を手に入れようとしている熊本県。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。