日本の自動車メーカーは無実を失いつつある

ね、めね、むっ、あんたがいなくなっちゃった…。 日野自動車は現在さらし台にいます。 少なくとも 2003 年以来、トラックとバスのメーカーは、排出ガスと燃料消費量の測定に関する規制を順守できていません。 しかし、日野さんだけではありません。 三菱自動車、日産自動車、スバル、スズキ自動車、マツダ自動車、ヤマハ自動車はすべて同様の不正行為を認め、2015 年以来罰金を科されています。 時として、日本の自動車メーカーは、顧客の状況を悪化させることなく、規制の茂みの中で簡単な近道を探してきました. それにもかかわらず、不正行為は「Made in Japan」の良い評判を損なうものであり、特に市場のリーダーに負けてはならないものです。 子会社の日野とともに、問題はトヨタグループにも及んでいる。 他の良い童謡と同じように、最後に 1 つ残ります。 日本では、いすゞ自動車と本田技研工業の 2 社がまだ排出ガスに失敗していません。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。