日本の税務当局は若い酒飲みを口説きます

いいえパンデミックの後、日本政府は新たな問題を抱えています。 若者はアルコールをほとんど飲まない。 これは、「Sake Viva!」をモットーに、より多くのアルコール消費とビール醸造所のためのビジネス アイデアを開発することを若者に呼びかけた国税庁のキャンペーンによって示唆された結論です。

パトリック・ウェルター

東京を拠点に日本経済・政治特派員。

「アルコールの歓声」と言い換えることができるこのキャンペーンは、ソーシャル メディアで怒りの嵐を巻き起こしました。 多くの評論家は、政府が税金を使って健康に有害なアルコールの消費を奨励しているという事実を嘲笑しています。 ショート メッセージ サービスの Twitter のユーザーが、高齢化社会で増加する社会的コストを削減するために、政府は平均寿命を縮めたいのかと尋ねました。

税務当局は、過度のアルコール消費を助長したくないと述べています。 保健省によると、キャンペーンには関与しておらず、責任を持って飲酒することを推奨しています。 2018 年の世界保健機関によると、日本人は 1 人あたり年間 8 リットルの純粋なアルコールを飲みます。 ドイツでは 13.4 リットルと記載されています。 このコンペティションは、20 歳から 39 歳までの人を対象としており、9 月上旬までに飲酒量を増やすためのマーケティング アイデアを提出する必要があります。 日本では飲酒は20歳からしか認められていません。

売上増、税収増

本質的に、税務当局は、地元の醸造所を支援し、多額の債務を負っている州の税財源を救済するために、ライスワイン、シュナップス、ウィスキーの消費を増やすことを目指しています. 特に高齢化社会により、アルコール消費量は年々減少しています。 1995 年、日本人は年間平均 100 リットルのアルコール飲料を飲みました。 2020年にはわずか75リットルでした。 それに伴い、酒税の収入も減る。 2020 年度の州の酒税徴収額は 1 兆 1,300 億円(82 億ユーロ)で、前年度より 9.1% 少なくなっています。 また、長期的には、酒税収入は減少します。 最近では、アルコール税は総税収の 1.7% に過ぎず、2011 年には 3%、1980 年には 5% にさえなりました。

人口動態の変化に加えて、コロナ禍は日本のアルコール消費にも悪影響を及ぼしています。 2020年以降のコロナウイルスの拡散に対する最も重要な対策の1つは、バーやレストランが夕方早く閉まらなければならないことです. 場合によっては、リカーサービスの時間も明示的に制限されていました。 これは、ほろ酔い客が大声で話すのを防ぐためでした。 大多数のレストラン経営者は、認可されていない推奨事項に従いました。 在宅勤務の推奨により、日本ではよくある同僚との酔っぱらいの夜は不要になりました。 パンデミックの間でさえ、若い日本人は、東京の人気のナイトライフ地区で深夜に小さなスーパーマーケットの外で一緒にアルコールを飲むことがよくありました.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。