日本の熱波は原子力発電の呼びかけを後押しする

日本の熱波とそれに伴う電力不足により、政治と一般市民の両方で、原子力発電の急速な拡大を求める声が再び強まっています。

ここ数日、日本政府と一部の地方自治体は、人々に節電を呼びかけてきました。 これらの呼び出しは、ますます多くの人々があえてエアコンを操作しないことを意味します. そしてこれは、水曜日に気温が再び急激に上昇したにもかかわらずです。

気温が40度を超える猛暑

大東京では、1875 年以来 6 月に最悪の熱波が発生し、気温が 40 度を超えました。 気象庁によると、東京自体の気温は7月5日まで30度前後まで下がらない。

したがって、供給が崩壊しないように電力を節約しなければならないという警告は、しばらくの間そのままになります。

国家ネットワーク監視機関OCCTOによると、水曜日からの追加措置として可能なことはすべて、計画された電力供給ですでに考慮されています。

OCCTO の推定によると、首都圏の発電容量予備率は、水曜日の午後 4 時 30 分から午後 5 時の間に最大 2.6% 低下する可能性があります。 そのため、安定供給を確保するために必要と考えられる 3% の最小しきい値を下回っています。

一方、欧州に滞在中の日本の岸田文夫首相は、G7サミット後の記者会見で、安全が保証された十分な電力供給を確保するために可能な限りのことを行うと語った。

それは、原子力エネルギーの使用に直接取り組んでいます。 福島原発事故を引き起こした2011年3月11日の津波以来、ほとんどの日本の原子力発電所は停止している。

しかし、多くの火力発電所が老朽化のため閉鎖されるなど、他の電源の開発は失敗に終わった。

安定供給のためのより多くの原子力

一方、日本のエネルギー供給業者は、閉鎖された火力発電所の稼働を再開するために取り組んでいます。 原子力発電の要求を含め、代替エネルギー源の要求がますます聞かれるようになっています。

東京では百合子知事が小池を殴った 東京電力ホールディングス株主総会へ 安定した電力供給を保証する条項を法令に含めることを提案した。

「電力危機を乗り切るために消費者にエネルギー使用を減らすように言うことは、電力会社が運営されるべき方法ではありません」と小池知事は言いました。

動議は却下されたが、他の株主は、他の問題について議論している間に停電の可能性について懸念を表明した.

株主の中には、電力の安定供給や電力会社の収益向上につながる原発の早期稼働を求める声もある。

これは原子力発電所の再稼動を求める声の一例です。 日本の他の電力事業者もこの要件の対象となります。

しかし、福島原発事故の後、原子力規制当局は安全対策を強化し、一部の発電所の再稼働をすでに禁止しているため、再稼働はそれほど容易ではありません。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。