日本の新内閣への支持率が低下

日本社会調査研究センターの最近の調査によると、日本の首相によって設置された新内閣に対する世論の支持は低下している。

取引 調査によると、36% に減少しました。一方、不支持は7月17日の前回の世論調査から54%に上昇しました。

内閣改造は期待した効果をもたらさない

日本の首相は、価値の低下に対応して、内閣と自民党の指導部を改造した。 しかし、世論調査が示すように、それは役に立たなかった。これは、世論調査が通常、そのような動きから跳ね返る日本では珍しいことだ。 しかし、政治家の統一教会とのつながりがますます明るみに出ている。

回答者の 68% が変更が気に入らないと答え、19% だけが変更が完璧であると答えました。

自民党と統一教会の関係に問題があるかどうかを尋ねたところ、64%が非常に問題があると答えた. 23% は大きな問題ではないと答え、11% は問題とは見なしていないと答えました。

自民党の支持者だけでも、70% が接続が大きな問題であると述べています。

政治家は統一教会との関係を絶つべきだ

日本の政治家がカルトとの関係を断ち切る必要があるかどうか尋ねられたとき、86%がそれは大きな一歩になると答えた. 人間関係は良好と答えた人は7%。

自民党支持者の 77% は、関係を早急に解消すべきだと考えています。

内閣への支持が低下しただけでなく、一般的な自民党への支持も低下し続けています。 世論調査では、有権者の 28% が与党に投票すると答え、7 月から 5% 減少しました。

公明党も失速。 世論調査では、回答者の 2% がこの政党に投票すると答えており、前回の世論調査から 2% 減少しました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。