日本の技術のおかげでアフリカでより多くの血液

毎年死ぬ サハラ以南アフリカ 数千人の母親、血液の需要が供給よりも多いためです。 ケニアの日本の医療技術会社は、この Global Japan のエピソードの主題であるそれを変えたいと考えています。

慢性的な血液不足

ケニアでは、日本の医療技術会社が慢性的な血液不足の解消に取り組んでいます。 サハラ以南のアフリカでは、妊婦の命を救うことが最優先事項です。

昨年の第 3 子の誕生は、Lilian Chebet さんの命をほとんど奪いました。 彼女は覚えています: 「彼らは私がどう感じているか尋ねたので、私はとても疲れていると言いました。私のエネルギーはすべて消耗し、もう話すことができませんでした。」

彼女が住んでいるナンディ郡で帝王切開を行った後、彼女は産後出血、大量出血に苦しみ、救命輸血が必要でした。

「医者が私を治療し始めたとき、私は全身に急激な悪寒を感じました。全身が冷えました。約30分後、私は力を取り戻し始めました。」リリアン・チェベットは言います。 「病院に献血者がいなかったら、生まれたばかりの娘は母親がいなくても成長していたでしょう。」

血液製剤の需要が供給を上回っている

リリアン・チェベットは生き残った。 しかし、世界では毎日 800 人以上の女性が妊娠中や出産中に亡くなっています。 多くの原因は予防可能です。 これらの死亡者の 3 分の 2 は、サハラ以南のアフリカで発生しています。 そしてその半分近くは大量出血によるもので、血液の需要が供給を上回っています。

フィラナ・ムジェニが勤務 テルモの血液・細胞技術、同社は日本のテルモグループに属しています。 同社は、アフリカで処理するための採血と血球の準備のための技術とソフトウェアを提供しています。

現在、管理者は自動化されたテルモ BCT 技術を使用して水ぶくれを提供しています。 針で血液を採取し、体に戻します。

以前は、患者から 1 単位の血液を採取するのに最大 6 人のドナーが必要でした。 これからは、ドナーは 1 人で十分です。

「アフリカにはまだ献血の文化がありません。これにはいくつかの理由があります。文化的な性質によるものもあれば、意識の欠如によるものもあります。」と、フィラナ・ムゲニは説明します。 彼女は、テルモ ブラッド アンド セル テクノロジーズでサブサハラ アフリカの政府業務および公共政策マネージャーとして働いています。

テルモ BCT の調査によると、ケニア、ガーナ、コートジボワールでは、毎年 16,000 人の母親の命を救うことができます。 リリアンがナンディで苦しんだように、分娩後の出血を治療するのに十分な血液が銀行にあれば.

フィラナ・ムゲニ: 「この調査によると、必要な投資と 16,000 人の命が救われたことに加えて、妊娠中の母親が血液供給にアクセスできれば、年間 2,000 万ユーロ以上の節約になる可能性があります。」

テルモBCTは、ケニアの国際女性デーなどの献血キャンペーンを支援しています。 また、輸血に関する医療専門家のトレーニングも行っています。 そして、血液供給を改善するために、汎アフリカ協力が設立されました。

「この国ならきれいな血液が供給できる」ナイロビのアガ・カーン大学病院の血液学者であるナンシー・オキンダ博士は言います。 「政府は、病院やすべての民間機関と協力して、堅牢なドナー登録簿を作成し、寄付の収益を最大化する技術を取得する必要があります。」

テルモ BCT で使用されている技術など: 「私たちは、すべての献血の可能性を最大化し、プロセスを合理化し、無駄をなくし、血液がより多くの患者に届けられるようにするソリューションを持っています。」Philana Mugyenyiによると。 「これらの患者グループには、母親だけでなく、がんや外傷患者も含まれます。さらに、例えば、輸血によるマラリア感染を減らす他の技術があります。」

ナンディに戻ります。お母さんと赤ちゃんは元気です。 外傷性出産はリリアン・チェベットを変えました: 「喜びは活気があり、よくお酒を飲みます。彼女は私に会うたびに喜んでくれます。私は彼女に感謝しています。私の経験から、私が回復して血球数が正常になったらすぐに、他の人を助けるために献血します。」

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。