日本の学校は子供たちにマスクを外すように頼むべきです

日本の文部科学省は、学校に生徒にマスクを外すよう要請しています。 生徒の熱中症が相次いだことから、再発防止を目的とした措置です。

末松晋輔文部科学大臣は金曜日、熱中症を防ぐための対策も講じるべきだと述べた。

マスク着用時の熱中症リスクが特に高い現在

末松市長は記者会見で、「学校ではマスク着用よりも熱中症予防を優先してほしい」と述べた。 「気温と湿度が上がり続けると、マスクを着用するリスクが高まります。」

日本ではここ数週間、気温が再び上昇しており、今年の夏は異常に暑いと予想されています。

5月以降、体育の授業や学校のスポーツイベントで熱射病にかかり、病院に運ばれる学生のケースが全国で急増しています. 大学で男子野球部員がランニング中に倒れた そして翌日死亡. しかし、救急車が呼ばれたのは、この事件の 30 分後でした。

日本政府は先月 マスクの新しいガイドラインをリリース、その後、着用者が会話の途中ではないとき、これらは屋内と屋外で取り外すことができます. しかし、気温が上昇しても多くの学生はマスクを着用し続けています。

学校は生徒を守らなければならない

省庁発表 熱射病は深刻で、しばしば致命的な問題であり、学校は生徒を保護するために注意を払う必要があることを強調しています。

しかし、厚労省はまた、マスクを着用していない生徒が感染のためにマスクを外すことができない他の生徒に近づきすぎないようにするよう学校に要請しました.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。