日本の天皇と女王との親密な関係

女王の死は日本でも懸念を引き起こしている。 徳仁天皇は、1980 年代に英国に留学して以来、英国君主と密接な関係を築いてきました。

2019 年 5 月の即位直後、天皇と雅子皇后は女王から国賓として招待された。 残念ながら、今回の訪問はコロナの影響で実現しませんでした。

2015年以来の海外旅行

9 月 8 日に亡くなった英国国王の国葬は、2015 年以来初めての海外旅行となった日本の皇室にとって悲しい出来事でした。今週末、東京の羽田空港で政府専用機に乗り込み、土曜日の夜に英国に到着しました。 .

9 月 18 日の夜、徳仁天皇はチャールズ 3 世国王主催のレセプションに出席した。 ロンドンのバッキンガム宮殿で、そこに横たわっていたウェストミンスターホールでエリザベス2世女王に別れを告げた.

「女王陛下が私に示してくれた親切に感謝の意を表し、静かに別れを告げました」と彼は言いました。

1975年の女王の訪問

二人が出会ってから約半世紀。 1975 年 5 月、徳仁天皇の両親は、東京の中心部にある東宮御所の邸宅で女王を迎えました。 当時、上皇明仁と上美智子はまだ皇太子と皇太子妃でした。

1983 年、当時の徳仁親王はオックスフォードのマートン カレッジに入学し、そこで 2 年間在籍しました。 彼は、この時期の思い出を The Thames and I: A memoir of Two Years at Oxford に書いています。 彼はまた、女王との会談を記録しました。

留学中のミーティング

「もちろん、私は少し緊張していましたが、会話は非常に非公式で楽しいものでした. 女王は彼女の日本訪問について話し、英国での滞在の予定を尋ねました。

1 か月後、英国の女王はガーデン パーティーを主催しました。徳仁はそれを忘れられないと説明しています。 1984 年 9 月、彼はスコットランドのバルモラル城で女王と夫のフィリップ王子と数日間過ごしました。 彼の顧問の一人によると、当時彼は王室の一員のように感じていた.

より広い世界観

徳仁天皇は、30カ国以上を海外訪問したことで世界観が広がり、世界への関心が深まったと語った。 当時のチャールズ3世。 2019年の戴冠式に出席。

9月9日、天皇は留学中の親切な対応に深い感謝の意を表すメッセージを発表した. 2001年、彼は最後に彼女を訪ねました。

最後の栄誉

英国政府は、日本政府の閣議決定で承認された9月10日の女王の国葬に、王室夫妻を招待しました。

日本の天皇が海外で葬式に出席することは珍しいが、ここでは英国王室との親密な関係が重要だった。 明仁上皇と裕仁上皇も女王との緊密な関係を維持した.

Nagano Mamoru

「プロのアルコール中毒者。ゲーマー。認定探検家。アマチュア コーヒー愛好家。不治の音楽オタク。一般的な食中毒者。トラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。