日本の厚生労働省は、コロナ感染の報告を廃止したいと考えています

日本の厚生労働省は、医療機関を救済するために、毎日の全国的なコロナ感染報告を確認する予定です。

同省によると、現在の感染の波は、コロナウイルスと診断されたすべての人の名前と連絡先の詳細を保健当局に提供する医師の義務が負担になっていることを意味します。

保健省からの提案は深刻な結果をもたらす

しかし、毎日の報告は、感染者数を正確に把握し、公衆衛生当局が誰を入院させるべきかを決定するための情報を得るのに不可欠であると考えられています。

したがって、パンデミックに関連するすべての問題について政府に助言する機関も、この方針から逸脱することは間違っていると考えています。

国立感染症研究所所長で委員長の脇田貴司氏は、次のように述べています。 8月18日の会期後この規則を削除することを提案したメンバーはいませんでした。

したがって、保健省は、代替手段として、特定の医療機関のみがレポートを提出する必要があるという可能性を提供しています。 これは、日本の季節性インフルエンザに使用されるのと同じプロセスです。

別の提案された代替案は、重篤な症状を発症するリスクが高いため、高齢者または既往症のある人の感染のみを報告することでした. しかし、そうでなければ、それ以上の感染を報告する必要はなく、健康状態が突然悪化した人々は医療サービスに連絡する方法がありません.

コロナ感染者数は推計しかない

ただし、報告の変更には時間がかかるため、現在の感染の波が収まった後にのみ報告が変更されることを厚労省は認めています。

また、変更はコロナ感染の数を推定することしかできないことを意味し、地方当局が的を絞った行動を取ることを困難にします.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。