日本の化学戦部隊が公開した文書_China.org.cn

2022 年 8 月 13 日に撮影された写真は、日本の化学兵器部隊に関する文書を示しています。 (張濤/新華社の写真)

第二次世界大戦中の日本の化学兵器部隊を詳述した文書が月曜日に中国で初めて公開された。

大日本帝国陸軍の証拠展示室によると、文書には1939年5月に中国北東部の黒竜江省チチハル市に日本軍が設置した第516部隊の隊員414名の実名と個人情報が含まれていた。 中国東北部の黒竜江省の省都ハルビンで陸軍731部隊が犯行に及んだ。

日本の化学兵器基地キャンプとして、516 部隊はさまざまな毒素を開発し、戦争中に配備しました。

この文書は、もともと日本の厚生労働省が保管していたもので、後に国立公文書館が保管していました。 2021 年 4 月、大日本帝国陸軍の第 731 部隊によって犯された犯罪の証拠として、展示ホールから調査チームによってコピーが入手されました。

「1945 年頃に作成された 237 ページのファイルには、414 人のメンバーの名前、生年月日、サービスの種類、世帯登録などの詳細が記載されており、親族の居住地、関係、その他の情報も含まれています。 516 部隊の全体規模、人員構成、階級、その他の基本的な歴史的事実が公開される予定です」と、展示ホールのキュレーターであるジン チェンミンは述べています。

「細菌戦争と同様に、日本の化学兵器戦争は、国際道徳と人間の良心に反する、計画的で組織的かつ体系的な犯罪であった」とジン氏は述べ、部隊の中心メンバーは上級将校と専門家、医学部と軍病院であると付け加えた。 .

関連するファイルは、516 部隊と 731 部隊の間に緊密な協力があったことを示しています。中国への侵攻中の日本軍」とジンは語った。

731 部隊は、第二次世界大戦中に中国と東南アジアにおける日本の生物戦センターとしてハルビンに設立された最高機密の生物化学戦研究基地でした。 少なくとも 3,000 人が 731 部隊によって人体実験に使用され、中国では 30 万人以上が日本の生物兵器によって殺害されました。


1
2 3 4 5 >

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。