日本の内閣支持率が過去最低に

最近の情報によると 共同通信社の世論調査 日本の内閣支持率は、前回63.2%に上昇した後、過去最低の51%に低下した。

支持率は2021年10月の岸田文雄首相就任以来最低。

安倍首相の国葬が炎上

内閣の承認が減少した主な理由は、日本政府が安倍晋三元首相の国葬を行う計画であり、53.3%が投票に反対した。

調査対象者の 61.9% が、国葬の実施について議会での議論が必要だと感じていると答えました。

安倍晋三の暗殺後、政府への支持は史上最高に達した。 安倍首相は、奈良市での選挙演説中に男に射殺された。尋問されたとき、元首相は統一教会を支持していると信じていると述べた.

その後すぐに、日本政府は安倍首相の国葬を行うべきだと決定しましたが、安倍首相は物議を醸す政治家であり、多くのスキャンダルがあったため、野党と国民からの強い抵抗に見舞われました。

暗殺はまた、統一教会と政治とのつながりにも光を当てた. 一方、ますます多くの政治家がカルトとのつながりを認めています。

コロナと物価上昇で練習へのムードが低下

内閣承認の減少のもう1つの理由は、おそらくコロナ感染者数の多さです。 日本は現在、毎日新しい記録的な数字を報告しています。

回答者の 53.3% が政府のパンデミックへの対応を支持すると答えましたが、この数字は 7.7% から減少しています。

価格の上昇も一因です。 日本政府の措置を支持すると答えた回答者はわずか28.1%でした。 63.3%が措置を拒否すると答えた。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。