日本の倉庫の人手不足を解消する新型ロボット

日本では人手不足が深刻な問題になっています。 そのため、さまざまな分野で、テクノロジーを活用して人材不足を補おうとする試みが行われています。 ロボットが店主として使用されるようになりました。

東京に本拠を置くベンチャーキャピタルのラピュタロボティクスは、倉庫作業員を支援するロボットを開発しました。 幅約60センチのこの装置は、倉庫内のさまざまな製品を識別して発送するために使用できます。

倉庫アシスタントとしてのロボット

AI 制御システムは、倉庫のレイアウトを分析し、ロボットができるだけ早く作業するための最も効率的な経路を決定できます。 彼らは本当にただの人間の従業員のサポートであり、彼らは安心しているという考えです。

開発者は、ロボットのおかげで、人々は約 2 倍の製品を収集して出荷できると説明しました。 同時に、倉庫を頻繁に歩く必要がないため、肉体的疲労が軽減されます。

危機にある物流部門

最初のデモンストレーションの試みは、すでに成功を収めています。 3 台のロボットは問題なく従業員と連携しました。 オブジェクトがスキャンされると、従業員はすぐに次の目的地に割り当てられ、ロボットと一緒に歩いて行きました。

物流業界は、一般的に新しい人材を見つけるのが非常に困難です。 この状況が続けば、2030年以降、日本の輸送能力は30%以上低下すると予想されます。 ロボットの使用は、差し迫った危機を食い止めようとする多くの必死の試みの 1 つにすぎません。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。