日本の会社が、食べるのに少し時間がかかる人のためにゆっくりと溶けるアイスクリームを開発しています

日本の京都府では、ある会社が現在、嚥下障害を持つ人々のために非常にゆっくりと溶ける特別なアイスクリームを提供しています.

新しいアイスクリームは「ZuT」と呼ばれ、室温が約 35 度の部屋でも最大 1 時間形を保つことができます。 食べるのに時間がかかる嚥下障害のある方の大きな助けになります。

「溶けにくい」氷

ゆっくりと溶けるアイスクリームのアイデアは、株式会社ナカショーの栄養士・藤井由香さんから。

病院や介護施設で嚥下障害について多くのことを学んだ後、彼女は自分の会社に、高温でもすぐに溶けないアイスキャンディーを作ることを申し出ました。 同社は彼らのアイデアを支持し、最終的に挑戦を受け入れました。

ナカショーのオンラインショッピングセンター「楽天」では、ミルク、チョコレート、ストロベリーの3種類のアイスクリーム「ZuT」を販売中。

甘いアイスクリーム、しょっぱい値段

「ZUT」アイスクリーム 90ml 6本セット 税込 約5,000円 (約 36.20 ユーロ)。

価格が高いのは、とりわけ、特別なアイスクリーム専門店を作るために必要な基本的な材料の 1 つによって説明されます。

ナカショーは、京丹後の丹後ジャージーファームのデイリーキッチンそらで、他の地元の食材とともに作られた高価なジャージー牛乳をアイスクリームの製造に使用しています。

藤井氏は「より多くの嚥下障害患者に試してもらえるよう、価格を下げて量産体制を整える」と話した。

いちごと海苔

通常、アイスクリームが高温にさらされると、乳脂肪、水、気泡が分離します。 氷が溶けます。

しかし、イチゴ由来のポリフェノールと特殊な海藻成分を使用することで、この分離と結合のプロセスを大幅に遅くすることができます.

これらの発見に基づいてアイスクリームを作ることは可能ですが、それは決して簡単なことではありません。 牛乳に海苔を混ぜると粘度が増します。 成分を一緒に混合することは、はるかに困難になります。

試行錯誤のたゆまぬ努力が、最終的に会社を成功へと導きました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。