日本の中央銀行は緩和的な金融政策を維持 – 外国為替介入 22/09/22

日銀は木曜日に短期金利をマイナス 0.1% に据え置き、10 年物国債利回りの目標をほぼゼロに維持しました。

この決定は、米国と日本の間の新たな政策の相違を確認し、円に対する下落圧力を増大させます。 日銀の発表後、円は一時的に 24 年ぶりの安値まで下落した。 水曜日に、米国連邦準備制度理事会は金利を 0.75% 引き上げ、さらに大規模な利上げを発表しました。

日本の消費者インフレ率は 8 月に 3% に達し、銀行の目標である 2% を 5 か月連続で上回りました。 しかし、インフレ率がまだ8%を超えている米国よりはまだかなり低い。

日本は食料とエネルギーを輸入に大きく依存しているため、最近の円安は輸入価格を押し上げています。 ウクライナでの戦争と世界的な供給のボトルネックにより、それらの価格はすでに上昇しています。

日本の当局者は今月、通貨に関する口頭での介入を強化しました。 鈴木俊一財務相は、政府がドル売り円買いを介入するなど、円安を食い止めるための措置を講じる可能性を排除していないと述べた。

しかし、日銀の黒田東彦総裁は、金融引き締めは円を安定させる適切な方法とは考えていないと述べた。 黒田総裁は最近、2023 年までにインフレ率が 1.5% に低下すると予想していると述べました。

日本は円安に歯止めをかける

日本政府は久しぶりに外国為替市場で円を直接押し上げた。 それは非常に弱い自国通貨に備えています。 財務省の外国為替市場の責任者である神田正人氏は、木曜日に記者団に介入を確認した。 私たちは非常に懸念しており、引き続き状況を監視していきます。 円はこのニュースに反応し、米ドルとユーロに対して大幅な上昇を示しました。

円は、他の多くの中央銀行とは異なり、インフレに備えていない日本の中央銀行の金融政策によって長い間圧迫されてきました。 木曜日、中央銀行の金利会議の後、この政策が確認されました。 世界第 3 位の経済大国である日本のインフレ率は、他の多くの国よりも大幅に低いですが、日本の基準では比較的高いです。 現在3割程度です。 緩和的な金融政策により、円は最近、米ドルに対してほぼ四半世紀ぶりの安値まで下落しました。 日本の通貨は、ユーロなどの他の通貨に対しても長い間弱含みでした。

市場ではしばらくの間、介入が予想されていました。 一方では、政府の高官数人がここ数週間で介入を報告していた. 対照的に、1 ドル 145 円前後で、為替レートは日本が最後に円を直接支持した水準に近づいた。 これは 1998 年の深刻なアジア危機の時であり、これも円にかなりの圧力をかけました。 この介入の後、日本は円をサポートするためではなく、円が強くなりすぎるのを防ぐために、市場に数回介入しました。

基本的に、円安は非常に輸出志向の日本経済にとってより有益であると考えられています。 しかし、日本では原材料とエネルギー源の両方がかなり不足しているため、この国は高レベルの輸入に依存しています。 しかし、国際商品とエネルギーの価格が急騰しているため、円安はこれらの輸入品をさらに高価にするだけです。 これは日本経済に大きな影響を与えるでしょう。 そのため、好調な輸出によりしばしば黒字となっている同国の貿易収支は、赤字圏に深く落ち込んでいます。

東京(ダウ・ジョーンズ/awpインターナショナル)


Amari Masaki

「インターネットの忍者。不治のテレビ学者。情熱的なコーヒー愛好家。ソーシャル メディア マニア。一般的な思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。