日本の与党安倍派閥は分裂の危機に瀕している

日本の与党自民党の安倍派は、権力の空白が生じ、派閥がスキャンダルに巻き込まれているため、安倍晋三なしでは分裂の危険を冒している. 安倍氏は2021年11月に政界に復帰した際、派閥を引き継いだ。

97 人の派閥は 9 月 19 日に東京で会合を開き、今後の進め方について話し合った。 集会は、7月に奈良で射殺された安倍首相への30秒間の黙祷から始まった。

安倍派の権力空白

安倍派は自民党の最大勢力であり、岸田文夫首相の政権運営を困難にするほどの力を持っている。 過去に、安倍首相は派閥の力を利用して、日本の首相に政治的目標を達成するよう圧力をかけることができました。

しかし、安倍晋三の死後、派閥には真の指導者がいなくなり、権力の空白が生じた.

しかし、暗殺はまた、信者にすべてのお金を引き渡すように強制したとして非難された宗派である統一教会との彼の関係を暴露することにつながりました.

現在、安倍は PLD とセクトの間の重要な人物であったと考えられています。 内部調査によると、すべての PLD 議員のほぼ半数が宗派と関係があり、ほとんどが安倍派に属していることが明らかになりました。

これらの関係から、多くの自民党員は、自民党が宗派との取引で抱えていた問題は安倍派が原因であると信じるようになりました。

しかし、会議では、統一教会はほんのわずかしか言及されませんでした。

さらに東京地検は、五輪の汚職疑惑で森喜朗元首相を逮捕した。 何度か質問.

森氏は東京五輪組織委員会の委員長を務めていたが、2021年に女性に不快な発言をしたことで辞任を余儀なくされた. 2012年までは安倍派の中心人物でもあった。

自民党の大きな派閥は、長い間、その数を通じて政党政治に影響を与えてきました。 こうして2000年以降、安倍派は森喜朗、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫の4人の首相を輩出した。

新大統領の選挙は分裂につながる可能性がある

しかし、安倍首相のような影響力のある指導者がいなければ、派閥は大きすぎて団結できません。 一部の派閥メンバーは、大きな派閥をまとめたのは安倍の巨大な政治的影響力だけであるとすでに指摘している.

したがって、派閥が崩壊する可能性が非常に懸念されています。 派閥の若いメンバーが、影響力のある地位に就く機会を得るまでに長い間待たなければならないことに不満を抱いているという事実によって、恐怖が煽られています。

安倍首相の仕事を引き継ぐ明らかな後継者がいないため、分裂もありそうです。 派閥は、9月27日の安倍晋三の国葬後に新しいリーダーを選出する予定です.

この選挙は、派閥の解散への道を開く可能性があります。

Amari Masaki

「インターネットの忍者。不治のテレビ学者。情熱的なコーヒー愛好家。ソーシャル メディア マニア。一般的な思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。