日本のハイファイブランドが倒産

オンキヨー製CDプレーヤー

倒産により、Hi-Fi 時代の最後の自己管理された日本のグローバル ブランドの 1 つが独立に別れを告げます。

(写真: www.imago-images.de)

東京 日本のハイファイ メーカー、オンキヨー ホーム エンタテインメントのホームページは、購入を促すための明るいデザインになっています。 しかし、月曜日以降、このサイトは不快なエントリに支配されています。 大阪の裁判所は金曜日に同社の破産申請を受理し、同社は次のように述べた。

オンキヨーは2300万ユーロ以上の負債で破産を申請した

破産により、Hi-Fi 時代の最後の自己管理された日本のグローバル ブランドの 1 つが、少なくとも独立に別れを告げています。 オンキヨーは長い間、音楽の楽しみのデジタル化に追随してきました。 しかし、日本のコンパクト ステレオ システムのコア ビジネスは、Spotify などのストリーミング サービスの成功と、それに伴うスマートフォンやスマート スピーカーへの移行によって縮小しています。

続きを読む:

破産申請につながった負債は、1946 年に設立されたブランドがいかに悪いかを示しています。 しかし、この比較的少額の金額で救世主は見つかっていません。何年にもわたる改修の試みの後、オンキヨーは薄すぎます.

今日のトップジョブ

今すぐ最高の仕事を見つけて、
メールで通知されます。

倒産前にオンキヨーがヴォックスとシャープに売却

2021 年の初めには、オンキヨーは、ケイマン諸島のプライベート エクイティ ファンドのために、62 億円 (約 4,600 万ユーロ) の額のストック オプションを介して新たな資金を調達したいと考えていました。 しかし、投資家はわずかなオプションしか買い戻さなかった。

2021 年 8 月、純資産が 2 年連続でマイナスとなったため、同社は正式に上場廃止となりました。 オンキヨーは9月、家庭用AV機器部門を、米国企業のVoxx Internationalと、台湾の下請け業者であるFoxconnに属する日本のエレクトロニクスグループ、シャープとの合弁会社に3,080万ドルで売却した。

シャープとVOXXはオンキヨーブランドを継続したい

ヘルメット事業も売却。 同社は、売却された部門からの他の活動やライセンス収入を通じて、依然として負債を返済しようとしていました。 しかし、それだけでは十分ではない、と同社は述べた。 努力にもかかわらず、オンキヨーは「深刻なキャッシュフローの問題により、債務を支払うことができなかった」.

長いお別れのラストです。 2月に、契約マーケティングおよび製造の子会社は業務を停止し、3月に破産を申請しました。 会社の死がブランドにとって何を意味するのかはまだ不明です。 Voxx International と Sharp は間違いなくブランドを継続したいと考えています。

シャープのジョイント ベンチャー パートナーは、2020 年に Voxx International によって設立されたエンティティ、Premium Audio Company です。同社は現在、失敗したハイファイ ブランドのグローバルな人物のように見えます。 そこでアメリカ人は、クリプシュ (米国)、ジャモ (デンマーク)、ティアック (日本) などの他の名前の長いリストに、オンキヨーとオンキヨーのブランドであるパイオニアとインテグラとの契約を追加しました。

フロント会社は、シャープがマレーシア工場で製造するオンキヨー製品の販売を引き継いだ。 破産管財人が最後の言葉を持っています。

後: ソニーは、中国のロックダウンが予測を圧迫する中、1兆円の営業利益を計上

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。