日本のテクノロジー企業Horibaがマクデブルクで事業を開始

建設から 18 か月後、測定機器と技術の会社であるホリバは、マクデブルクに新しい工場を委託しました。

マクデブルク – 計測器と技術の堀場製作所は、 マクデブルク 18か月の建設の後、新しい工場が操業を開始しました。

日本企業の堀場製作所は、測定装置や類似の技術を製造しています。 © ホリバ・ヨーロッパGmbH

約 3000 万ユーロがそこに投資された、と堀場は火曜日に発表した。 日本の会社は分析および測定機器を製造しています。

たとえば、燃料電池のテストなど、これに対する需要が高まっています。 その背景には、より多くのエレクトロモビリティへの移行があります。

堀場によると、マクデブルク・ローテンゼーにある約10,000平方メートルの工場で最大325人が働くことができたという。

ウクライナの穀物を輸送することはほとんど不可能ですか? 経済研究所は警鐘を鳴らしている
経済ニュース
ウクライナの穀物を輸送することはほとんど不可能ですか? 経済研究所は警鐘を鳴らしている

同社はまた、ライヒリンゲン (ノルトライン ヴェストファーレン州) の支店を拡張し、新しい建物を建設したことも発表しました。

情報によると、約600万ユーロが投資されています。 最初は、最大 270 の新しいジョブが 2 つのサイトに関連付けられます。

京都に本拠を置く堀場グループは、自動車試験、プロセスおよび環境技術、医療診断、半導体製造用の測定機器およびシステムの大手メーカーであると主張しています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。