日本のコア消費者物価は8年ぶりの高値を記録

日本のコア消費者物価は 8 月に 2.8% 上昇し、ほぼ 8 年ぶりの高値に達しました。 日本政府のデータは、インフレが引き続き円安によって引き起こされていることを示しており、日本銀行 (BOJ) に圧力をかけています。

生鮮食料品を除く全国コア消費者物価指数は、前回の消費増税の影響を除くと、過去 30 年以上で最速の上昇を記録しました。

インフレ率は 12 か月連続で上昇

によると 内務省のデータ 主要インフレ指標は、7 月の 2.4% に続いて、5 か月連続で日銀の 2% 目標を上回りました。

ロシアのウクライナ侵攻に起因するエネルギーコストの上昇と急速な円安によるインフレ圧力が残り、インフレ率は 12 か月連続で前年同期を上回りました。

エコノミストは、今年のインフレ率が 3% を超えると予想しており、日銀に課題をもたらしています。

コア消費者物価の最大の上昇、2014 年以来の高値

コア消費者物価指数の 2.8% の上昇は、2014 年 10 月に消費税が 5% から 8% に引き上げられた後の 2.9% 以来最大でした。 増税を除くと、1991 年 9 月には 2.8% 上昇した。

生鮮食品の価格を含めると、8 月の消費者インフレ率は 3.0% でした。

日本のエネルギー価格は前年比で 16.9% 上昇し、電力価格は原油と天然ガスの価格に遅れをとって 21.5% 上昇しました。

灯油は18.0%、ガソリンは6.9%の上昇となり、いずれも前月より緩やかな上昇となった。 小売価格を引き下げるための石油卸売業者への政府の補助金がなければ、それらはさらに増加し​​たでしょう。

食料品価格 (生鮮食品を除く) は 4.1% 上昇し、ほぼ 8 年間で最速となり、今後数か月でさらに上昇することが予想されます。

冷蔵庫やエアコンなどの耐久財の価格は、原材料価格と輸送コストの上昇により、6.3%上昇しました。

日本では、米国や欧州に比べてインフレの加速がはるかに遅い。 しかし、日本の消費者は、賃金がほとんど上昇していないため、物価上昇に敏感であり、パンデミックの影響からの回復が比較的遅れているため、日本経済の見通しを曇らせています。

Wakabayashi Chie

「熱心なトラブルメーカー。アマチュア旅行の第一人者。熱心なアルコール愛好家。ゾンビ学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。