日本における外国人インターンの虐待

外国人研修生への虐待事件が相次いでいるが、政府の対応は冷淡だ。 しかし、本当の問題は戦われていないことです。

代理店は、この問題に適切に対処していないこと、および技術インターンシップ プログラムを監督するという役割を果たせていないことで批判されてきました。

外国人インターンは日本ではいまだに支援を受けていない

支援団体によると、虐待事件の発覚後に当局が開始した調査は不十分である。 そして、労働力不足に対処するためにプログラムが開始されてから何年も経った今でも、インターンを支援する法的枠組みはありません。

この問題は、とりわけ、次の場合に発生します。 ベトナム人女性3人 上司に侮辱され、無給で残業を強要された3人のベトナム人女性。

3 名の女性は 2019 年 10 月に来日し、以来同社で働いています。

3人の女性は、個別に組織する労働者を代表する組合である仙台けやき労働組合に加入しました。

組合によると、女性3人がインターンシップ事業を統括する一般社団法人インターン技能実習機構(OTIT)の仙台事務所に相談したところ、OTITの職員から、確実に帰国するために組合を辞めるよう言われた。仕事に。 .

企業や団体の視察を行い、研修生の人権を守ることを目的とするOTITは、2017年に法務労働省が共同で設立したもので、実際には問題を発見し、支援することを目的としています。

法務省によると、2021年末時点で日本で約27万6000人の外国人が雇用されており、ベトナム人が58.1%、中国人が13.6%、インドネシア人が9.1%と続く。

2020 年度、OTIT は外国人インターンから約 13,300 件のリクエストを母国語で受け取りました。その中には、いじめやハラスメントなどのトピックに関する 3,210 件のリクエストが含まれていました。

労働問題に取り組む非営利団体Posseによると、2020年12月、カンボジア人の男性が、会社で働いていることを理由に東京のOTITに助けを求めようとしたが、支払われなかった。 しかし、東京の OTIT オフィスは最初に、彼らが本当に助けを必要としているかどうかを確認したいと考えていました。このような状況では、時間のかかるプロセスではありません。 これは孤立したケースではありません。

ビジネスのための安い労働力

技術インターンシップは、労働力不足に対処し、貧しい国の人々を訓練するために導入されました。 インターンシップ終了後、母国で学んだスキルを活かすため、一定期間日本に滞在することが認められています。 少なくとも、それがプログラムに関する公式の立場です。

しかし、批評家は、このプログラムは、企業がすぐに解雇できる安価な労働力を得る簡単な方法であることが多いと述べています。 知られるようになった虐待の事例は、この批判を強調しています。

母国に戻ることと同様に、助けを求めることはしばしば困難です。 多くのインターン生が日本に行くために多額のお金を払ってきたからです。 そこに着くと、彼らはほとんどお金がないか、すでに借金を抱えているため、戻ることができなくなります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です