日本とWHOが新組織設立に合意

日本と世界保健機関(WHO)は、開発途上国の保健システムを強化するための新しい組織を設立することに合意しました 見つけるには.

組織の発足は、西日本の広島で開催されるG-7サミットの前後に行われる予定です。

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの意識を高める

専門家は、日本が社会保障の知識を新しい組織に持ち込むことで、その存在感を高めることを期待しています。

2012 年、WHO は、世界人口の少なくとも半分がプライマリ ヘルス ケアを利用できないため、ユニバーサル ヘルス カバレッジの決議を採択しました。

新しい組織はまた、ユニバーサルヘルスの意識を高め、コロナウイルスなどの感染症の蔓延を防ぐための枠組みを提供することを目的としています.

モデルとしての日本への批判

日本の国民健康保険制度は平均余命の延長につながっているため、日本政府はこの成功を新しい WHO パネルに利用する必要があります。

しかし、一部の専門家は、社会保障制度が批判され、出生率の低下がコストを押し上げているため、日本がユニバーサル・ヘルス・カバレッジのモデルになりつつあることに疑問を呈している.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。