日本と韓国が強制労働問題の解決に合意

日本と韓国の外相 月曜日に合意した元韓国人強制労働者の補償請求をめぐる論争の迅速な解決策を見出す。

日本の林芳正外相と韓国のパク・ジン外相は、東京での会談で合意に達した。 5月10日のユン・ソクヨル大統領就任後、初の公式会談。

日本企業の資産流動化防止ソリューション

しかし、日韓間の和解が続いているとはいえ、両国間の隔たりは依然として大きく、論争のすべての点を解決するには時間がかかるだろう.

会合で朴氏は林氏に、韓国にある日本企業の資産が清算される前に望ましい解決策を模索すると語った。

林氏は、朝鮮半島の元強制労働者をめぐる紛争を含む未解決の問題を解決するために、2 つの隣国が必要であることを強調した。

日本にとっては、1910 年から 1945 年までの朝鮮半島の植民地支配に関連するすべての問題は、強制労働者と慰安婦の補償の問題を含め、1965 年に調印された協定の下で解決されています。

林氏はパク氏に対し、「1965年の国交正常化以来、両国が築いてきた友情と協力に基づいて、日韓関係をさらに発展させる必要がある」と述べた.

韓国の裁判所は、国内の日本企業 2 社の資産を押収し、元強制労働者に補償するために清算を命じた。

その後、日本政府は、この動きは両国の関係に深刻な影響を与えると警告した.

清算に関する最終決定は、8月または9月に予定されています。

今月初め、韓国政府は迅速な解決策を模索するため、当局者と専門家からなる官民パネルを設置しました。

韓国、慰安婦合意を認める

日本軍の売春宿で慰安婦として働くことを余儀なくされた韓国人女性の問題も、約2時間半の会議で議論された.

2015年、日本と韓国は慰安婦問題を恒久的かつ決定的に解決することで合意した。 しかし、ユン氏の前任者である文在寅政権は事実上、この取引をキャンセルした。

林氏は、この問題はすでに解決されており、ソウルは2015年の合意に固執すべきであるという日本政府の立場を繰り返した。

韓国外務省によると、パク氏と林氏は、両国政府が懸案事項について協議を加速させることを確認した.

また、両大臣は、今後の関係発展についても意見交換を行いました。

林と朴はまた、北朝鮮のミサイルと核兵器計画に関する米国との協力を強化することに合意した。

しかし、韓国大統領と日本の首相の会談については言及されていない。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です