日本と国連、台湾をめぐる緊張に深刻な懸念を共有

日本の林芳正外相とアントニオ・グテーレス国連事務総長は月曜日、中国の大規模な軍事演習をめぐって台湾で緊張が高まっていることに懸念を表明した。

一方 東京での会議 両者は、緊張を緩和する必要があることに同意した。

ナンシー・ペロシの訪問に対する台湾沖での軍事行動

中国は、ナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問に対応して、台湾沖で軍事演習を開始した。

訪問前から、中国はその結果について警告していた。 中国は台湾を離脱州と見なしている。

中国軍は月曜日、台湾付近で引き続き訓練を行うと発表した。 彼は以前、訓練は日曜日に終了する4日間行われると述べていた.

中国が日本にミサイルを発射

中国国防省によると、先週の木曜日、演習の初日、台湾の近くで 11 発の弾道ミサイルが発射された。 そのうちの 5 つは、日本の排他的経済水域のすぐ外側に落ちました。 これに対し、日米豪は共同声明を発表し、中国に対し訓練の即時中止を求めた。

中国の王毅外相は木曜日、予定されていた日本の外相との会談を土壇場でキャンセルした。 この会議は、東南アジア諸国連合の一連の閣僚会議の傍らで、プノンペンで開催されることになっていた。

中国は、ペロシ大統領の台湾訪問に対する北京の積極的な対応を批判する日本を含む G7 諸国の声明で、その決定を正当化した。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。