日本で記録的な雨が続く – 京都での避難

日本各地で大雨の報道が絶えません。 週末以降も全国的に不安定な気象条件が続き、何日にもわたって記録的な量の突然の大雨が降りました。

日本全国で、雨に見舞われた地域はほとんどありません。 全国の何十万人もの人々が家から避難し、安全を求めるように言われています。 旅客輸送は国の一部で混乱しています。

全国的に大雨 京都は避難、九州は電車が停車

日本の文化の中心地である京都も影響を受けています。 市は7月19日午前、中京区、北区、右京区の住民5万人に避難指示を出した。 地区は京都の北に位置し、地元の山岳地帯も含まれます。 被災地には、有名な金閣寺金閣寺や歴史的建造物などの世界遺産もあります。 二条城.

主な懸念は、河川の氾濫や山岳地帯での土砂崩れです。 現在の出来事は、災害の 5 レベルのハザード スケールでレベル 4 と評価されています。 都市の一部の地域では、下水道システムがすでに水塊に圧倒され、あふれていました。

1時間に90ミリを超える雨が降ったため、京都から滋賀県の米原に向かう新幹線の列車が一時運休しました。 火曜日に南の九州のいくつかの地域で鉄道交通も停止した。

そこでは、福岡、佐賀、大分、その他の県は、月曜日の夕方から記録的な雨に見舞われました。 九州から本州、四国に大雨が降り、山口県、島根県、愛媛県も災害警報を発令。

日田市(大分県)の街は雨で水浸しになりました。 画像:経堂

西日本の被災地では延べ48万2000人以上が避難を命じられています。 その数は、一日を通してさらに増加すると予想されます。 なぜなら、日本の気象庁、日本の気象庁は、 新しい大雨はすでに発表されています.

今後 24 時間以内に、九州南部で 250 ミリ、北部で 200 ミリの雨が予想されます。その他の地域では、中部および東部日本でも雨が降る見込みです。 また、全地域で100ミリを超える降雨が予想されています。 最近深刻な被害を受けた宮城県を含む中国地方では、少なくとも60ミリの雨が予想されています。

現在の予測によると、北海道地域のみが免れています。 大雨は、日本海の持続的な低気圧によって引き起こされ、そこに暖かく湿った空気が流れ込みます。 その結果、短時間で雲の帯が本土上に形成され、大雨が発生します。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。