日本では10月に食料価格が再び上昇する

市場調査会社の帝国データバンクによると、日本の消費者は、10月に予想される食品価格のさらなる値上げに備える必要があります。

同社の広報担当者は、「ますます多くの企業が値上げを躊躇しなくなったため、コストの上昇を相殺するために製品価格を引き上げています。

食料品価格は 6,305 製品で上昇すると予想されます

食品価格の上昇の範囲は、7 月末に最後に決定されました。 調査では、1.8 倍の増加が明らかになりました。

帝国データベース 大手食品メーカー105社を調査 日本では、今年すでに値上げした食料品の数と、年末までに値上げを計画している食料品の数。

急激な円安は当面止まっているものの、10月は2,848商品で前回調査より値上がりする見込み。 合計で、同社は今年 20,000 製品の価格が引き上げられると予想しており、これは前回の見積もりよりもわずかに高くなっています。

ビールやソフトドリンクからコーヒー、スープの薬味、焼肉のタレまで、幅広いラインナップ。 マヨネーズやソーセージもまた短期間で値上げ。

最新の調査によると、より多くの食料品が 10 月の値上げの影響を受けるでしょう。 市場調査会社は、合計 6,305 製品を想定しています。

さらに値上げ

10月からは外食チェーンやタイヤ、建材なども値上がりする。

ガソリンと電気の高値と相まって、この秋に予想される値上げは家計に重くのしかかるだろう。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です