日本では気候変動がますます顕著になっています

日本は気候変動の影響にますます苦しんでおり、気温が 35 度を超えることも珍しくなくなり、今年の夏も異常に暑くなることが予想されています。

気象庁は今年、南西日本の九州、四国、中国、近畿の北部と日本海側の北陸地方で今年の梅雨明けを宣言した。 . 梅雨がこれほど早く終わったのは、記録が始まった1951年以来初めてです。

日本では気候変動がますます顕著になっています

気候変動はそれ自体を感じさせており、先週末のような新たな記録的な猛暑や、地域全体を日常的に襲う豪雨など、極端な現象が日本で次の現象を引き起こしています。

梅雨が早く終わったのは、強い高気圧が日本列島に広がり、前線が北上したためです。 気象庁によると、西風が日本付近で北に変わり、太平洋高気圧が北上した。

関東甲信地方の6月梅雨明けは2018年に続き、今年で2回目。 前回は西日本を豪雨が襲いました。

ただし、気象庁によると、今年は太平洋高気圧が西に伸びているという点で、2018年とは異なります。

全国的に6月にしては異例の暖かさです。 専門家は、これらの気温がラニーニャ現象によって引き起こされたと考えています。これにより、ペルーや他の国の近くの東太平洋で海面温度が平年より少なくとも摂氏 0.5 度低下しました。

ラニーニャが気候変動を引き起こす

これ ラニーニャ現象 昨年の秋から進行しており、亜熱帯ジェット気流が日本付近で北上するのを助けています。 気象庁気象情報センター長の梅田隆文氏は「来週は風が強い西風や、長期的にはラニーニャ現象で猛暑になる恐れがある」と語った。

インド洋の表面温度もまた、極度の暑さの一因であると疑われています。 国立研究開発法人海洋研究開発機構の土井剛主任気候変動研究員は、今月頃からインド洋ダイポールモード現象の負の段階が発生し、インド洋の表面温度がさらに東に上昇し、2000 年までに上昇したと述べた。西は平年より低い。

今年は梅雨明けが早く「異常」に分類されましたが、気候の変化で気温や降水量も変化。 気候変動は、気温と海面温度の上昇につながります.これは、今度は、より多くの豪雨が発生する可能性があることを意味します.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。