日本ではコロナ対策なしで初のゴールデンウィークが始まる

日本では、コロナ対策が何も課されないまま3年ぶりにゴールデンウィークが始まりました。 その結果、日本の鉄道会社や航空会社の予約も大幅に増加しました。

東京の羽田空港は、日本航空と全日本空輸の国内線の予約がほぼ満席になるなど、早朝から多くの旅行者でにぎわった。

ゴールデンウィークは航空券の予約が増える

金曜日から 5 月 8 日までの航空会社の予約は、1 年前に比べて国内線で 1.7 倍、国際線で 4.7 倍になりました。

ゴールデン ウィークの開始に合わせて、ターミナル 2 の 4 つのセキュリティ チェックポイントがほぼ 2 年ぶりに再開されました。

JR東京駅では、3月に東北地方を襲った大地震により運行が中断された後、4月14日に運行を再開した東北新幹線のホームに人々が群がっている。

日本初のコロナ対策なしのホリデーシーズン

日本の鉄道会社によると、木曜日から5月8日までの期間の新幹線の予約は、昨年の同時期と比較して56から284パーセント増加しました。

過去2週間のゴールデンウィーク中、地方自治体は、コロナウイルスの蔓延を防ぐために、日本人に他県への旅行を自粛するよう要請していました。 その結果、空港や鉄道駅は非常に空いていました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。