日本では、高さ350メートルの木造超高層ビルが建設されます

日本企業 2 社は、2041 年までに高さ 350 メートルの木造超高層ビルを建設したいと考えています。これは、建設部門での CO2 排出量の削減も目的とする新しい複合梁構造を約束します。

建設業は、非常に汚い産業と見なされ続けています。 約1億2000万トンのCO2が減少 2020年 不動産の建設または改築を通じて。 建設資材としてのコンクリートは依然として大きな問題です。 製造時には非常に高い温度が必要です。

環境保護主義者によると、木材は持続可能であると考えられています . しかし、これまでのところ、それは普遍的に適用されていません。 例として、超高層ビルや高層ビルの建設があります。 たとえば、世界で最も高い木造住宅はノルウェーにあり、高さは約 85 メートルです。

ただし、構造はすぐに不安定になるため、セキュリティ上のリスクがあります。 日本の建設会社 日建設計 木材加工グループ 住友林業しかし、これに対する解決策を開発しました。

新しい 複合ビーム構造 木材を特に安定して安全にします

これを行うために、両社はさまざまな木製の梁を改造しました。 これらには、それぞれ25センチメートルの距離で3.5センチメートルの深さのノッチがあります。 次にエンジニアは、厚さ 16 mm のネジを使用して、木製の梁を鉄筋コンクリートの天井にねじ込みました。

これにより、木材がより安定しました。 企業はまた、鋼製ネジを節約しました。 ねじ込むときは、通常の 10 分の 1 の量だけかみ合います。 かなり長い木製ビームを取り付けることも可能です。

参考までに:以前の建物では、木製の梁の最大スパンは約 6 メートルでした。 新しいアプローチでは、最大 12 メートルの長さのビームの使用が可能です。 新しい建築材料は浅くなっています。 これにより、床の高さと材料の消費量が削減されます。

20年以内に木造の超高層ビルが日本に登場する

日本では、エンジニアは新しい方法に大きな期待を寄せています。 高さ 350 メートルの木造の超高層ビルを許可する必要があります。 遅くとも2041年までに、そのような構造が再建されるべきです。 日本経済はさらなる利点から利益を得ることができます。

たとえば、島には木材の供給過剰があります。 輸入のほうが安くなったので、企業が在来の木を使うことはほとんどありません。 新しい工法により木材の需要が高まると、自国に新たな経済機会が生まれます。

また興味深い。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。