日本が外国人観光客の受け入れに消極的であることは、企業からの批判を呼んでいる

日本が外国人観光客の入国を渋っていることは、企業や経済団体からの批判を集めている。多くの人が観光を経済回復の鍵の1つと見なしており、経済は依然としてパンデミックの影響に苦しんでいる.

国は入国制限を緩和し、6月から1日2万人を許可し、日本の首相はG-7と同じように観光の制限を緩和すると述べたので、これらの言葉が守られる兆候はありません. アクションによって。

入国制限の引き上げは観光客には適用されません

たとえば、1日あたりの入国を許可された外国人旅行者の数の増加は観光客には当てはまりません.政府は外国人観光客の再入国をいつ許可するかについて沈黙しています.

日本は、パンデミックのために外国人観光客の入国を許可していない唯一のG7加盟国です。 ほぼ完全に閉鎖された中国を含め、通常は世界にわずかしか残っていません。

日本は来月から国境管理を緩和します。これにより、すべての国が3つのグループに分けられ、旅行者の出身国に応じて、検疫などの必要がなくなります。

全日本空輸の井上真一会長は金曜日、国境管理を緩和する日本政府の政策を歓迎し、「これは朗報だ。今後も規制が緩和され、速やかに解除されることを願っている」と語った。

観光は経済成長の重要な原動力です

パンデミックが発生する前は、観光が経済成長の主な原動力の 1 つであり、2020 年には 4,000 万人の外国人観光客がこの国を訪れると予想されていました。

しかし、その後パンデミックが発生し、その数は劇的に減少しました。 11 月末、Omicron の亜種により、すべての外国人に対して入国禁止が課されました。

3月に1日5,000人の出張者の入国を許可する第1次緩和があり、それ以降、1日の外国人入国者数の上限が少しずつ引き上げられてきました。

現在の状況は、ほとんどの国で人口の大部分がワクチン接種を受けており、一部の国では観光業が機能していることはすでに明らかであり、コロナウイルスの再拡散を防ぐための特定の対策も講じられています.

一方、日本は引き続き慎重であり、特に観光業界で疑問や批判が高まっています。

航空会社の広報担当者は、「予防接種がすでに進行中であり、日本政府が国民を何から守りたいのか理解できない.

経団連審査

日本経済団体連合会の戸倉正和会長は5月9日の記者会見で、「多くの日本人がゴールデンウィークに観光や接待で海外旅行に出かけた。 一方、日本は観光目的での外国人の入国を依然として認めていません。 「互恵は世界共通なので、現実的な議論を期待したい。円安は訪日観光客にとっても絶好のチャンスだ。

また、日本経済はコロナ対策で人口の消費が鈍化し、2022 年第 1 四半期は 1.0% 縮小しています。 ウクライナへの侵攻とそれに伴う物価上昇が見通しを曇らせている。

しかし、経済は観光客の制限を批判しているが、このコースは国民に歓迎されている.

厳しいコロナ対策にもかかわらず、岸田文夫内閣の支持率は昨年10月の就任以来、あまり落ち込んでいない。 最近では 共同通信社の世論調査 先週、公的支持率は 61.5% という過去最高を記録しました。

日本への監修旅行

批評家を落ち着かせるために、国は現在テストを開始しています。 日本政府観光局は月曜日、米国から7人が日本を訪れ、海外からの観光を再開する可能性を検討すると発表した。

代理店によると、オーストラリア、シンガポール、タイ、米国から合計約50人が今月、小規模なツアーで日本に来て、日本人のツアーガイドと一緒にさまざまな観光スポットを見る予定です.

しかし、政府は「その後どうなるか」については沈黙を守っている。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。