日本が初めてNATO首脳会議に参加したい

日本の岸田文夫首相は、6月下旬にNATOサミットに出席する予定です スペインで行われる. これにより、岸田氏は防衛同盟集会に出席する最初の日本の首相となる。

ただし、投票率は、7 月 10 日に予定されている日本の総選挙を控えた国内の政治情勢に左右されます。

日本のNATO首脳会議への参加は明確なシグナルを送るだろう

NATO首脳会議への参加は、ロシアのウクライナ侵攻や台湾海峡での緊張の高まりに対応するため、日本が欧米諸国との連携を強化することを意味する。

政府筋によると、日本の首相は、6 月 26 日にドイツで開催される G7 サミットに出席した後、首脳会談のためにマドリッドに旅行する予定です。

日本に加えて、オーストラリア、ニュージーランド、韓国もアジアのパートナー国としてサミットに参加したいと考えています。 非NATO諸国の参加は、ウクライナでの戦争の真っ只中における連帯のしるしになるでしょう。

しかし、日本政府内では、NATO首脳会議が衆議院選挙のキャンペーンの途中で行われるため、出席するかどうかについて意見が分かれています. 多くの自民党員は、日本の首相は選挙前の選挙戦に集中すべきだと考えている.

しかし、岸田内閣に対する国民の支持率は61.5%で、昨年10月の就任以来最高水準にある。

インド太平洋地域で緊張が高まる

さらに、インド太平洋地域の緊張が高まり続ける中、主に北朝鮮と中国からの強力なパートナーに日本は依存しています。

ロシアはまた、地域の現在の地位に脅威を与えている. 日本の首相は、ロシアのウクライナ侵略を強く非難し、他のG-7諸国とともに、同国に制裁を課している. 東ヨーロッパから.

同時に、岸田氏は、中国がその存在感を拡大し、軍隊を増強するにつれて、インド太平洋地域で同様の危機を防ぐためにキャンペーンを行っています. 特に台湾に関しては、戦争の可能性に対する懸念が高まっています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。