日本がスタートアップ促進計画を発表

日本の萩生田浩一産業大臣は水曜日、今後5年間で1,000人をシリコンバレーに派遣し、カリフォルニアの技術ハブで経験を積ませることで、スタートアップを後押しする計画を発表した。

4月から、日本はシリコンバレーに年間200人を派遣したいと考えています。 すでに同様のプログラムがあり、年間 20 人を 7 年間米国に派遣しています。

スタートアップの数は 10 倍に増えるはずです

新興企業へのリソース配分を増やすことは、投資による成長を中心とする新しい資本主義の形を目指す岸田文夫首相の戦略の 4 つの柱の 1 つです。

日本政府は、スタートアップの数を 10 倍に増やすことを目的とした、年末までに 5 カ年計画を実施する予定です。 目標は、イノベーションと人材開発を通じて経済成長を促進することです。

日本政府は、スタートアップを促進するための新しい閣僚ポストを作成しました。 後任は山極大四郎経済再生・コロナ対策相。

日本はグーグルから学べる

萩生田 グーグル本社訪問後に語った彼は、失敗を恐れず、日本が学ぶことができるメンタリティに非常に感銘を受けました。

「ここアメリカでは、失敗の経験は次のレベルにつながる経験として見られています」と萩生田は言いました。

萩生田氏は、金曜日にワシントンで開催された第 1 回日米 2 プラス 2 貿易対話に出席する前に、カリフォルニアを訪れた。 会合は、経済安全保障の改善に焦点を当てた。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。