日中、直接会談を計画

日本と中国は8月4日を計画している、と日本政府筋は言う 個人的な会話 カンボジアで開催された東南アジア諸国連合の会議の傍観者。

日本の林芳正外相は、王毅外相との会談で、日本近海での軍事活動の増加について懸念を表明することが期待されている。

中国は責任を持って行動しなければならない

政府筋によると、林氏はロシアのウクライナ侵攻を非難し、中国に責任ある行動を求める意向だ。

彼はまた、台湾海峡の平和と安定の重要性と、北朝鮮の非核化における国際協力の必要性を強調します。

韓国との会談も予定されている。

9月29日の国交正常化50周年を前に両国間の緊張が高まる中、日中外相会談は2020年11月以来初となる。

カンボジア訪問中、林氏は韓国のパク・ジン外相と直接会談する予定だ。 日本の外務大臣はまた、米国のアントニー・ブリンケン国務長官とオーストラリアのペニー・ウォン外相と会談する予定です。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。