新しいマイナス金利: 日銀は超緩和的な金融政策を維持 – インフレ率は上昇すると予想 | 新着

日本銀行(日銀)の四半期見通しによると、2023 年 3 月までの会計年度のコア インフレ率は 2.3% になると予想されています。 一方、日銀は金融政策決定会合で超ハト派スタンスを維持 金融政策 コロナパンデミックの影響後の国の経済回復を支援するため。

日銀はマイナス金利0.10%と10年物国債の目標値ゼロを堅持している。

他のほとんどの国と比較して、日本のインフレは抑制されています。 米国では、インフレ率が 6 月に 9.1% に達しました。 連邦準備制度理事会は 7 月にさらに 0.75% の利上げを予定しています。 欧州中央銀行 (ECB) は、今日木曜日、ほぼ 11 年ぶりに主要金利を引き上げると予想されています。

日本の緩和的な金融政策は、ドルに対する円の切り下げに貢献しました。 日銀の発表後、円は 1 ドル 138.21 で取引されていました。 先週、日本の通貨は24年ぶりの安値に落ちた。

翌年から 2024 年 3 月まで、日銀はインフレ率が 1.4% に低下すると想定し、翌年にはコア インフレ率が 1.3% になると予想しています。

日本経済は今年度、2.4%の成長が見込まれています。 3 か月前のレポートでは、2.9% がスクリーニングされていました。 次の 2 年間は 2.0% と 1.3% の成長率が想定されます。

藤川めぐみ

東京(ダウ・ジョーンズ)

画像ソース: Rawpixel / Shutterstock.com、shinnji / Shutterstock.com

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。