数十億人がエイズとマラリアと戦うことを約束

国連総会の傍らで、いくつかの主要先進国は、エイズ、結核、マラリアとの世界的な戦いへの財政援助を増やしました。 水曜日にニューヨークで開催された国連総会の合間に開催されたドナー会議で、ドイツ、米国、カナダ、日本、フランス、EU などは、危機と戦うための世界基金を補充するために多額の財政的コミットメントを取りました。 3つの感染症。

米国は、今後 3 年間で合計 60 億ドルを約束しました。 フランスは約16億ユーロを約束している。 ドイツは以前、13億ユーロを提供すると発表していた。 日本とカナダも同様の金額を約束している。 7 億 1,500 万ユーロが EU からもたらされます。

今年の会議を主催したジョー・バイデン米大統領は、他の州や民間部門も貢献していると述べた。 総額で約 140 億米ドルのコミットメントが行われました。 目標は、エイズ、マラリア、結核を完全に打ち負かすことです。

ショルツは感染症との闘いの進展を歓迎する

オラフ・ショルツ首相 (SPD) は、基金はすでに 4,400 万人以上の命を救い、感染症との闘いにおいて目覚ましい進歩を遂げたと述べました。 しかし、国際社会は手放してはなりません。

世界基金は、2002 年に主要先進 8 カ国 (G8) と当時の国連事務総長であったコフィ アナンのイニシアチブで設立されました。 2019 年にはフランスで、2016 年にはカナダで、基金の資金を調達するためのドナー会議が 3 年ごとに開催されます。基金は、世界中の 3 つの疾病に対する対策に資金を提供します。 コロナ禍の影響で、最近は他の病気との闘いが後退しているという声が上がっています。

Sugawara Sango

「腹立たしいほど謙虚なソーシャル メディアの第一人者。Twitter 愛好家。インターネット ジャンキー。ビール愛好家。極度のポップ カルチャー狂信者。認定 Web プラクティショナー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。