政府は日銀に円安を遅らせるよう要請

日本政府は水曜日、日本銀行の会合に先立ち、円安を食い止めるよう中央銀行に圧力をかけた。

松野浩一参謀長は、 記者会見で日銀が政府と連携して必要な措置を講じることを期待する」と述べた。

日銀の調整待ち

円は現在、米ドルに対して 24 年間で最も弱くなっており、中央銀行が超緩和的な金融政策の調整を余儀なくされるという市場の期待に拍車をかけています。

松野氏は、日本が外国為替市場に介入して円安を食い止める可能性についてコメントすることを拒否した.

政府は適切に対応したい

松野氏は「過度のボラティリティや為替レートの無秩序な動きは、経済や金融システムの安定に悪影響を及ぼす」とし、「米国の金融当局や他の当局と緊密に連携し、必要に応じて適切に対応する」と述べた。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です