政府の危機 – 宗派によって弱体化された日本の政治?

岸田文夫が新内閣の名前を読んだとき、東京が何週間も緊張していたことが再び明らかになった。 支持率が低下する中、日本の首相は水曜日、保守派の自由民主党(LDP)でいくつかの要職を務めただけでなく、政府のほとんどの閣僚も務めた。 19 名の内閣のうち、職を維持できたのは 5 名だけでした。

内閣改造は、政治指導部に新鮮な空気を吹き込むことを目的としており、東アジアの国ではまったく珍しいことではありません。 しかし、最近は人事異動の激しさが物議をかもしています。

日本経済新聞は水曜日、「統一教会との接触を認めた人々を排除することを目的とした」措置について語った. 共同通信本局も、このように「怪しい宗教団体との関係は断ち切らなければならない」と解釈している。

日本はここ一ヶ月、政治危機を経験している. 7月8日、安倍晋三元首相が選挙集会中に射殺された。 これまで非常に影響力のあった政治家の暗殺者は、安倍首相と、一般名がドイツ語で統一教会に翻訳される宗派との間につながりを確立しました。 この組織は、今度は、殺人者の母親に多額の寄付を求めて、経済的に破滅させました。

怪しい組織の影響

この事件が知られるようになって以来、日本では、時に怪しげな組織が政治や社会に与える影響について議論してきた。 何人かの政府政治家は、統一教会とのつながりをすぐに告白しました。 これは戦後韓国で設立されましたが、共産主義と左翼への嫌悪感を共有していたため、日本の保守層にもすぐに歓迎されました。

人々の恐怖を利用し、救いのために信者に寄付を要求する統一教会は、ここ数十年、司法制度に関する問題を繰り返してきた。 それにもかかわらず、彼女は日本で政治的に鎮圧された自民党の重要な柱となった. たとえば、何人かの政治家は、選挙運動中に寄付を受け取ったり、多数のボランティアを提供したりして、教会から恩恵を受けています。

これは自民党だけでなく、他の政党の政治家にも影響を与えます。 米国のノースカロライナ州立大学の宗教学教授であり、日本の新宗教運動の専門家であるリーバイ・マクラフリンは、安倍首相の暗殺後、統一教会と選挙で選ばれた政治家との接触は驚くべきことではないと日本のメディアに語った。 それは「彼らが接触してきた多くのグループの1つ」です.

一般に、怪しげな宗教団体が政治や社会に影響を与えてきました。 日本社会の大部分はほとんど宗教的ではなく、これは調査で繰り返し確認されています. しかし、宗教団体は、忠実な信者からの恐ろしい寄付と抜け目のない戦略を通じて、この国で社会的および政治的影響力を行使することにますます成功しています.

現在信用を失っている統一教会に加えて、1930年代に設立されたシンクレティスト「生長の家」(ドイツ語:成長の家)は、最も有名な運動の1つであり、ナショナリストの間で良好なネットワークを持つ機関と見なされています. もう1つの重要で影響力のある機関は天理教であり、これは元の神道宗教の新しいバージョンを表しています. 現代の宗派は大学とラジオ局を運営しており、メンバーからの宣教活動を期待しています。

これに加えて、1980 年代に設立されたドイツの幸福科学の混合宗教「幸福の科学」にも何百万人もの信者がいます。 興福実幻燈とともに、例えば日本の再軍備を求める政党を立ち上げた。 この協会は、アニメやマンガでのポップ カルチャー活動でも注目されています。 いくつかの作品で、この宗派はその宗教的思想をそのメンバーを超えて広めました。

日本の政治への宗教的影響の最も顕著な例は、1960年代に公明党を設立した仏教団体「創価学会」であり、「仏教民主主義」を提唱し、現在は連立政権のジュニアパートナーです. さまざまなサポーターと投票は、定期的に寄付を行う数百万人のメンバーのプールから主に供給されます。

憲法は教会と国家の分離を規定している

創価学会は多くの人からカルトだと考えられています。 創価学会は、統一教会全体の違法な活動で知られていません。 ハイデルベルク大学の日本研究教授で宗教の専門家であるハンス・マルティン・クレーマーが確認したように、日本と完全に互換性のある平和主義にもかかわらず、組織の評判はほとんど肯定的ではありません. 日本では、多くの人がこの組織を権威主義的でメンバーに対する横暴だと表現しています。

所属する公明党の形で憲法違反かという問題もある。 それは教会と国家の分離を規定しています。 最大与党である自民党内で批判の的となっている宗教団体の影響力は、内閣改造によってほとんど衰えることはありません。

左翼系の日刊紙朝日新聞の調査によると、岸田首相は統一教会関係者を8人から3人に減らした。 その結果、引き続き保健相を務める加藤勝信氏は、過去10年間で統一教会に3万円(300ドル)を寄付した. 寺田稔新内務大臣は2018年に2万円を寄付した。経済再生担当相として現職の山際大志郎氏も2013年に同様の寄付を行った。したがって、『朝日新聞』は内閣改造でも危機は終息しないと予測している。 「大衆の大きな関心の中で、これらの関係を説明するよう求められる可能性があります。」

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。